金銭消費貸借契約(きんせんしょうひたいしゃくけいやく)

金銭消費貸借契約とは、お金を借りて、そのお金を消費して、借りた金額と同額のお金(利息があれば利息も含めて)を貸し主に返済する契約のことを言います。 住宅ローンを組む際には、銀行と金銭消費貸借契約を結びます。 金銭消費貸借契約には住宅ローンの滞納時に銀行側がどのような措置をとるのか等の内容も記載されています。下記項目がその一部です。 ・住宅ローンの金額、利率、返済期日、遅延損害金 ・期限の利益の喪失について(滞納等の契約違反があった場合、一括で請求されます) ・抵当権設定について(不動産が担保になっているため、債務不履行の場合は競売になります) ・保証人または保証会社による保証について

関連キーワード

か行 その他のキーワード

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

資料請求

ページ上部へ
Page Top