任意売却のデメリット

任意売却について、「競売に比べてメリットが多いようだけど、デメリットはないのかな?」と不安に感じられる方もいらっしゃいます。

現実的には、わずかながら任意売却にもデメリットがあります。しかし、これは任意売却を成功させるために重要なことでもありますので、ぜひ把握していただきたいことです。

デメリット1.購入希望者の内覧への協力

皆さん、お家を購入する際には家の下見(内覧)をしませんでしたか?新築であっても、中古であっても、外観や室内を見てから購入するか決める方が大半だと思います。

任意売却の場合も同じです。購入を検討している人が「どんな家なのか見てみたい」と希望された場合、内覧にご協力いただきます。特別に何かして頂く必要はありません。ただ、ある程度片づけておくことで、内覧に来た人の印象が良くなり、購入に繋がりやすくなります。

デメリット2.書面による売買契約の締結や、本人確認手続き

売買契約

任意売却が決まると、売買契約書に記名・押印していただきます。また、売買契約のあと(通常は後日)、金融機関にて売買金額の振り込み手続き等があります。

その際、司法書士による本人確認手続きがあり、権利証・実印・印鑑証明書が必要になりますので、事前にご用意いただきます。

デメリット3.個人信用情報に延滞履歴が記録される

通常、住宅ローンを3回滞納すると、個人信用情報機関に登録されているあなたの個人信用情報に“延滞”の履歴が記録されます。いわゆる“キズがついている”状態です。

これは住宅ローンに限らず、車のローン、カードローンや消費者金融からの借り入れも同様に個人信用情報に“延滞”が記録されます。延滞記録がつくと、およそ7年間は金融機関からの借り入れや、新たにクレジットカードを作成することが困難になります。

保証会社による“代位弁済”が行われた場合も同様に記録されます。

デメリット4.連帯債務者・連帯保証人の同意が必要

住宅ローンを申し込んだ際に、連帯債務者や連帯保証人が設定されている場合があります。

まず、連帯債務者とは、他の債務者と一緒に返済する必要がある状態の人です。連帯債務者がいる場合は、連帯債務者全員の同意が必要となります。

一方、連帯保証人とは、文字通り債務者を保証している状態の人です。こちらは債権者(借入先の金融機関)によって必要な場合と必要でない場合があります。

連帯債務者、連帯保証人へのご説明は当協会の専門相談員が行いますのでご安心ください。また、連帯債務者、連帯保証人ともに連絡が取れないケースが多々ありますが、その場合も専門相談員がご協力させていただきます。

デメリット5.債権者の応諾価格が高い場合がある

金融機関

任意売却は債権者(借入先の金融機関)の同意が必要です。その同意とは、債権者が売買価格を提示して「この価格で売却ができるのならば任意売却を認めます」という主旨です。つまり、任意売却を認める“応諾価格”で売却をする必要があります。

そこで問題となるのが、“応諾価格が市場相場と同等もしくは高い場合”です。例えば、市場相場2,000万円のマンションに対して、債権者の応諾価格が2,200万円だとします。この場合はやはり任意売却を成功させることが困難になります。

このようなケースでは、専門相談員が適正価格で任意売却ができるように、債権者側と交渉を重ねます。

デメリット6.悪徳業者が存在する

悪徳業者

任意売却は債権者(借入先の金融機関)との交渉に加え、役所との交渉も必要になります。知識、経験、実績が非常に重要な不動産売買です。そのため、不動産会社ならどこでもできるわけではありません。

残念なことですが、経験の浅い不動産会社に任意売却を依頼してしまい、にっちもさっちもいかなくなり当協会にご相談いただくケースがめずらしくありません。この場合はまだ不幸中の幸いで済みますが、中には「調査費用を請求された」「頼んでもないのに一方的に査定費用を請求された」などの不当な請求を受けるケースがあります。

やはり、実績のある専門家が所属している会社・団体に依頼したほうが良いでしょう。

以上、任意売却におけるデメリットについて解説しました。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

Page Top