• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

任意売却とは

住宅ローンを滞納した(返済が滞った)場合に、
債権者(お借入の金融機関)とお話し合いを通して最良の方法で解決することを任意売却と言います。

1. あなたのメリット

あなたのメリット(1)競売に比べ、任意売却後は住宅ローンの残債を減らすことが可能。
(2)引越し費用、諸費用を、売却代金から捻出できる。
(3)家族のプライバシーを守ることができます。
(4)残った住宅ローンの返済計画を立てられる
(5)協力者により、住み続けることが可能

2. 任意売却なら住宅ローンを全額返済できなくても売却することができます。

住宅ローンを全額返済できなくても売却することができます。通常、マイホーム(ご所有の不動産)を売る場合、住宅ローンの残債を全額返済する必要があります。
住宅ローンを全額返済できないと、通常は債権者(お借入の金融機関)は売ることを認めてくれません。
しかし、このような場合でも、金融機関に任意売却を希望する旨のお話し合いをすることで、認めてもらえる方法があります。これを任意売却と言います。

3. 任意売却ができるのは、競売入札が始まるまで。

競売入札が始まるまで。住宅ローンを滞納する(返済が滞る)と、債権者(お借入の金融機関)から督促状・催促状が届きます。
そのまま住宅ローンを返済せずに滞納していると、数か月で競売にかけられ、裁判所から競売開始決定通知」が届きます。
任意売却で解決するためには、競売の入札が始まってしまう前に、任意売却の手続きを完了する必要があります。

4. ご相談・ご依頼に、費用は一切かかりません。

任意売却が成立すると、その売却代金は住宅ローンの返済に充当されます。
あわせて、債権者(お借入の金融機関)の合意のもとで、任意売却に必要なその他の費用も売却代金の中から配分されます。
任意売却のご相談費用も同様に配分されるため、ご相談者の方に費用を準備して頂く必要はございません。
※万が一、任意売却が成立しなかった場合にも費用はかかりません

ご相談・ご依頼に、費用はかかりません。また、滞納している固定資産税等の税金も任意売却により精算することが可能です。
税金の滞納額が多額な場合には全額納付にならない場合もありますが、 比較的良心的にお話し合いに応じてもらえるケースがほとんどです。

5. 任意売却をする場合、引越し費用も捻出することが可能です。

引越し費用も捻出することが可能です。競売の場合、自宅の売却代金はすべて住宅ローン等の借入れに充当されます。
一方、任意売却の場合には、債権者(お借入の金融機関)とのお話し合いの上で、売却代金の中からお引越し代を捻出することが可能です。

6. トラブル多発! ご注意ください!

トラブルにご注意ください。任意売却をすると、引越費用として 200 万円を支払います!!といったように、事前に具体的な金額を 確約するような不動産業者もいます。ですが、お引越代はあくまでも、債権者(お借入の金融機関)との お話合いの中で決定されるものであり、決して事前に分かるものではありません。
債権者とのお話し合いが始まる前に金額を明記する任意売却業者には十分注意してください。
※依頼後に連絡がつかなくなったといったトラブルが急増しています。

競売との比較競売との比較

任意売却のメリットとは。

メリット1. 競売に比べて、住宅ローンの残債を減らすことが可能。

住宅ローンの残債を減らすことが可能 任意売却は、競売に比べて市場価格に近い価格で販売ができるため、より高い金額で売ることができます。また、その後は住宅ローンの残りの債務が減り、その後の生活再建支援につながります
また、債権者(お借入の金融機関)は、残りの債務についての相談にも良心的に応じてくれます
競売の場合、転売目的の不動産業者が買い取るため、市場価格の2~3割ほど安い価格での落札となり、残債も多く残ってしまいます。

メリット2. 引越し費用、諸費用を、売買代金から捻出できる。

売却代金から捻出できる任意売却は債権者(お借入の金融機関)とのお話し合いの中で行われるため、必要な諸費用や 引越し資金を売却代金の中から捻出することが可能です
当協会で任意売却をお手伝いしたお客様は、皆さん引越し費用を確保されています
競売の場合は、引越し費用は実費です。さらには強制退去を命じられる場合もあります。

メリット3. 家族のプライバシーを守ることができます。

家族のプライバシーを守る任意売却は、近隣に知れ渡る前に販売活動を行うので、競売を申し立てられた場合のように 近隣に知られることはありません
任意売却で解決されたお客様からは「競売を避けられたことで、精神的に楽になれた。」というお声をたくさんいただいています。競売の場合、物件写真や競売情報などを掲載した広告が 近所に知れ渡ってしまい、不動産業者や競売業者が下見に来る事もあります。

メリット4. 残った住宅ローンの返済計画を立てられる。

年祭計画を立てられる任意売却は債権者(お借入の金融機関)にも、「住宅ローンの返済が難しい状況」ということを理解頂けているため、残ってしまった住宅ローンについては、現実的に返済が可能な金額で計画を立てることが可能です。
任意売却後は、生活状況に応じて、無理なく返済できるように再スタートしましょう

メリット5. リースバックにより、住み続けることが可能。

す住み続けることが可能任意売却の場合、身内の方の協力や、投資家さんの協力次第では、現在のお家に住み続けることができます
そのために必要ないくつかの条件は、ご希望の方に向けてご面談時に詳しくご説明しています。 競売の場合、落札されてしまうと、立ち退きせざるをえなくなります。

競売までの期間

住宅ローンの返済を滞納すると、いずれ「競売」にかけられ、強制的に売られてしまいます。
(返済を3ヶ月~6ヶ月滞納すると、差押えが入り競売に向かって進みます。)
しかし、早い段階でご相談いただければ、任意売却という方法で解決できます。
住宅ローンを滞納されている方、今後の返済が不安な方は、専門家にお問合せください。

競売までのスケジュール

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top