任意売却ができるケース

任意売却の成立イメージ

任意売却は、誰もがすぐにできるとは限りません。例えば、住宅ローンを滞りなく返済している人はすぐに任意売却をすることができません。

この時点で「任意売却をしたい」と言っても、銀行からは「これからも頑張って返済してください。」といった返答になります。

任意売却をすることができるのは、通常は保証会社による代位弁済が行われてからです。

※代位弁済とは・・・住宅ローンを3~6カ月以上滞納した場合、保証会社が本来の債務者に代わって残債務を一括して銀行に返済すること。代位弁済の後、債権は銀行から保証会社に移ります。

つまり、住宅ローンの返済がストップしてからおよそ3~6ヶ月後から任意売却がスタートします。だからといって、ご自分の判断で代位弁済が終わるまで待っていると、いつの間にか競売を申し立てられる可能性があります。どうかご自分で判断せずに早めに専門家にご相談することをおすすめします。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

0120-69-1108
0120-57-1108

メール相談

資料請求

Page Top