ケース別の任意売却

任意売却をするケースには、「住宅ローンの返済が厳しい」、「税金の滞納による差し押さえ」、「離婚」、など様々な理由があります。ここでは、任意売却の活用ケースや競売について、ケース別に紹介しています。
また、複数の理由が重なってしまっていたり、複雑な状況であっても任意売却を諦める必要はありません。全日本任意売却協会は、全国の任意売却専門相談員、弁護士、司法書士などの専門家がご相談者の解決にあたっています。

  • 「連帯保証」「連帯債務」「養育費代わりの返済」など、離婚前後の住宅ローンのお悩み。

  • 引越しをすることなく任意売却を行う方法。

  • 税金の滞納で不動産を差し押さえられたら。

  • マンションの管理費滞納で競売を申立てられたら。

  • 住宅ローンの返済に困った時の解決方法。

  • 競売についあて、スケジュール、流れなど。

  • 自己破産が不要なケース。行うタイミング。

  • マイナス相続、親族間の相続トラブルを解決。

  • 老後、住宅ローンの返済が大きな負担になったら。

  • 投資物件や収益物件も任意売却できます。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

0120-69-1108
0120-57-1108

メール相談

資料請求

Page Top