任意売却で離婚と住宅ローンの問題を解決

任意売却で離婚と住宅ローンの問題を解決

任意売却を進める際、専任の相談員がお二人の間に入ります

離婚イメージ

離婚前後の任意売却はお相手と会わずに実現できます。

現在、日本では3組に1組が離婚すると言われています。その離婚率の高さと比例するかのように、離婚前、あるいは、離婚後の任意売却についてのご相談が後を絶ちません。

しかし、お子さんのこと、家のこと、財産分与についてなど、決めなければならないことが多いのが離婚です。そのため、「少しでも簡単に話し合いを終わらせたい。」「できるだけ関わりたくない。」という心理が働き、ご自宅の問題を解決せずに離婚後の生活をスタートされている方が多いようです。

離婚とご自宅の問題は今後の生活にとって、影響の大きい問題であるため避けて通ることはできません。お二人でのお話し合いが難しい場合は、あなた専任の相談員が間に入ってお二人のサポートをします。

離婚後、「連絡を取るのが嫌だから競売でもいい・・・。」とおっしゃっていた方でも、無事に任意売却で解決できた事例は多くあります。 まずは、どういった方法があるのか、相談してみることをお勧めします。

よくあるご相談とお悩み

離婚の悩み

実際、当協会にご相談に来られる方のうち、およそ半数の方が離婚にかかわるご相談です。例えば次のようなご相談やお悩みをよくいただきます。

「任意売却は離婚する前が良いの?後が良いの?」
「離婚して一人になると住宅ローンが支払えない」
「住宅ローンを払ってくれる約束だったのに払ってくれなくなった」

これらの問題は次のように任意売却で解決することができます。

任意売却は離婚する前が良いの?後が良いの?

任意売却は、どちらかというと離婚前の方が良いでしょう。というのも、離婚後で別居してまったく連絡が取れない場合は話し合いに時間を要することが多いからです。ただし、連絡が取れない場合は私たちが間に入って連絡を取るようにしますので、あきらめる必要はありません。

離婚して一人になると住宅ローンが支払えない

共働きを前提にマイホームを購入したご夫婦によくあるケースです。どちらか一方だけの収入だけだと返済が困難になり、また、一人で住むには広すぎるということがよくあります。ゆくゆくの目途が立たない場合、できるだけ早い段階で任意売却で手放すことが最善策となります。

住宅ローンを払ってくれる約束だったのに払ってくれなくなった

離婚する際に、「自宅を出て行く夫がその後も住宅ローンを返済し続けることを約束していたが、返済が続かず銀行から督促が届いた・・・」というケースは本当によくあるケースです。ご希望が"スムーズな引越し"の場合は通常の任意売却を、"子どものために住み続けたい"場合はリースバックの手続きを進めます。

離婚による精神的負担が和らぎます

解決イメージ

離婚時の夫婦間の話し合いを「精神的に負担」だと感じる方は少なくありません。

というのも、病気、入院、収入減、リストラ、再婚などのうち、複数が同時に重なってやってくることが多いからです。また、こういったことはあまり考えたくないことであり、後廻しにしたいことでもあります。その後、銀行や役所からの通知が届き「解決せざるを得ない状況」になって初めて向き合う方がほとんどです。

早めに任意売却の手続きを進めると、少なくとも住宅ローンの悩みについては私たちにすべてお任せいただけます。

次のメニューからもっと詳しく見ていきましょう。

上記のメニューは、数あるお悩み解決の一部です。特に離婚にかかわるマイホームや住宅ローンの問題はケースバイケースです。また、場合によっては任意売却をせずとも解決できることもありますので、ぜひ専門家にお問合せください。

  • 知りたい妻のお悩み&回答
  • 聞きたい夫のお悩み&回答
このページの上部へ

任意売却で離婚と住宅ローンの問題を解決 関連ページ

任意売却で離婚と住宅ローンの問題を解決 よく頂く質問

任意売却で離婚と住宅ローンの問題を解決 解決事例

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

Page Top