任意売却と税金滞納

税金の滞納と任意売却のタイトル

差し押さえされたら任意売却ができないという間違い

家計が苦しくなっても、固定資産税等の税金を後回しにするのは危険!

「自宅を差し押さえされたら任意売却ができない」と思っている方が非常に多いようです。実は、そんなことはありません。

税金の滞納により“差し押さえ”がされても、任意売却が可能なケースが非常に多いのです。

しっかりと役所や税務署と合意に向けて話し合い、差し押さえを解除してもらうことで任意売却は可能になるのです。

例えば、差し押さえがされていても、滞納している税金を分割で納付している場合なら、役所の担当者の方々も差し押さえ解除に応じてくれる可能性が高いと言えます。

任意売却をあきらめる必要はまったくないのです。

ちなみに・・・税金を滞納するとどうなる?

役所によって税金の滞納者に対する対応は異なります。ですが、税金の回収に力を入れている自治体は多く、給与の差し押さえなど、厳しい対応をすることがよくあります。

税金は住民税や固定資産税などが分かりやすいのですが、国民健康保険料についても対象となります。税金を滞納しそうな場合には事前に相談に行きましょう。

事前に相談に行くことで、分納に応じてもらえます。うっかり滞納した場合はすぐに支払いましょう。

税金の滞納による差し押さえ よく頂く質問

税金の滞納による差し押さえ 解決事例

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

0120-69-1108
0120-57-1108

メール相談

資料請求

Page Top