• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表プロフィール

経験したから伝えたい事

安田裕次すべてのきっかけは、「私の実家の競売」でした。

私も住み慣れた実家が競売になったので、競売がどれだけ悲惨なものかを知っています。

ある日突然、スーツ姿の見知らぬ男性3人が自宅を訪ねてきました。

後から分かったことですが、その男性たちは裁判所の人でした。
彼らは家の中の写真を何枚も撮っていました。台所、居間、風呂場、子供部屋など、家中全てです。


父と母は、彼らに聞きたいことがたくさんあったようですが、心配そうな顔でただ黙って見守っていました。
その様子を見て、子供心にも「これからいったい何が起こるのだろうか・・・」と不安がよぎりました。

そして数か月後、競売によって、自宅を強制退去となりました。
退去させられた時、段ボール箱の陰ですすり泣く母の涙声と初めて見た父の涙は、今でも痛烈に私の記憶に残っています。

これまで、いつも大きな存在だった父と母。
この時の両親の涙を、私は一生忘れることはできないでしょう。

「あの時に、今ほどの知識や経験があれば」と、悔やんでも悔やみきれません。

その思いをきっかけに、任意売却のお手伝いを始めました。
私の想いに賛同してくださる方が増え、今では全国組織として支援をさせて頂いております。

日本では年間6万人もの方が、競売で大切な財産を失っています。
その中で、競売を取り下げる方は、わずか15%の人しかいません。

はじめは誰もが、見ず知らずの人にお金の問題を相談することをためらいがちです。
しかし、1本の電話をきっかけに、多くの方が競売を避けることができ、新しい人生をスタートされ、たいへん喜ばれています。

安田裕次

このページの上部へ

私が知らなくて失敗した3つのこと

銀行と交渉ができること

残債が残ることで通常売却ができないと言われた場合でも、金融機関とのお話合いのうえで売却を認めてもらえる任意売却という方法があります。
しかし、ローン返済が難しい状況で、このような知識をお持ちの方はほとんどいないでしょう。
私達は、任意売却という選択肢を知って頂く活動にも力を入れています。

裁判所から来た人のいう事を信じてしまったこと

自宅に差押えが入ったら、裁判所から調査のために執行官が訪問します。
この際に、「もう競売しか選択肢はない」、「不動産会社からの手紙や訪問には耳を貸さないほうが良い」等と説明する執行官もいるようです。実際に誠実でない業者が存在するのも確かですが、私たちのようにご相談者の方に心から喜んで頂いている会社も存在しますし、競売以外の選択肢もあるのです。

任意売却の具体的なメリット

任意売却という言葉を知っても、自分のケースでは難しいのではないか・・・と諦めてしまう方も少なくありません。しかし、引越代や残債を減らせること、他にも住み続ける方法もある等、具体的なメリットを知ることで、多くの方に新たな希望をお持ち頂くことができ、実際に再スタートをされています。

このページの上部へ

代表理事プロフィール

家族のためにできること、あきらめずに一緒にがんばりましょう。安田裕次 (やすだ ゆうじ) : 1967年11月生まれ

大阪市立大学大学院 創造都市研究科
都市ビジネス専攻 修士課程修了
一般社団法人全日本任意売却支援協会 代表理事

住宅ローンアドバイザー、任意売却コンサルタント
宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー
不動産賃貸管理士、定期借家借地アドバイザー等、不動産やお金、保険に関する資格を有する。

自らの実家が競売になった辛い経験から、住宅ローンの支払いに困られた方の支援に乗り出すことを決意。

今では、住宅ローンの支払いが困難になった方々から年間1,500件を超える相談を受ける、日本でも数少ない住宅ローン破綻者専門のファイナンシャルプランナー兼、住宅ローンアドバイザー。

住宅ローン破綻者を競売から救うための「任意売却全国ネットワーク推進計画」 で、大阪府知事より経営革新の承認を受けるなど、住宅ローン破綻者救済、任意売却の第一人者として活躍。

任意売却の経験の少ない不動産会社であっても、住宅ローンの滞納や任意売却のご相談に取り組めるようにと、全国の不動産会社に向けて任意売却セミナーの開催や教材を提供する等、住宅ローン破綻者を救うための活動にも注力。

このページの上部へ

代表理事紹介動画

任意売却の仕事を始めたきっかけ


大きなサイズで見る

競売経験を振り返って


大きなサイズで見る

競売を避ける方法


大きなサイズで見る

住宅ローンを払えなくなった方へ


大きなサイズで見る

このページの上部へ

活動紹介

マスコミ取材実績マスコミ取材実績
これまでの実績からマスコミからの取材も多数。
主なテレビ出演として、報道ステーション(テレビ朝日)、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、朝ズバッ、報道特集(TBS)、とくダネ!(フジテレビ)など多数。その他、アエラ、女性セブン等の雑誌、朝日新聞や毎日新聞にも多数コメントを寄せている。

マスコミ取材実績はこちら

任意売却の正しい知識を広めるセミナー活動任意売却の正しい知識を広めるセミナー活動
任意売却の経験の少ない不動産会社であっても、住宅ローン滞納や任意売却のご相談に取り組めるように、任意売却セミナーの開催や教材を提供する等、住宅ローン破綻者を救うための活動。
講演活動を通して、任意売却の正しい知識を広めている。

【全国会員合同勉強会】・【任意売却セミナー】 開催報告はこちら

学生に向けたボランティア活動学生に向けたボランティア活動
社会貢献の一環として、学生さんに金融に関する知識を身につけてもらおうと、高校生や大学生に「お金と仕事」に関するセミナーを行い、好評を博している。

学生向け講演活動・学生アンケート紹介はこちら

このページの上部へ

出版書籍のご紹介

『知識を身につけ、問題解決!住宅ローン無理して払うな!』(早稲田出版)
知識を身につけ問題解決!住宅ローン無理して払うな!amazonで購入する

住宅ローンの支払いが困難になった人々から、年間1000件を超える相談を受ける、日本でも数少ない住宅ローン破綻者専門のファイナンシャルプランナー兼住宅ローンアドバイザーの著者が、返済に苦しむ人たちに真心を込めてアドバイス。

~目次より抜粋~
はじめに 住宅ローン破綻からあなたを救いたい!
第1章 借金なんて怖くない
第2章 住宅ローン、滞納するとどうなるの?
第3章 住宅ローン、払えなくなった時の対処法
第4章 何もかも失ってしまう前に
第5章 住宅ローン、破綻の現場から
第6章 住宅ローン、破綻から立ち直った人たち。解決実践集

『お客様に喜んでもらえる不動産会社のつくり方社長の5つの心得』(風詠社)
お客様に喜んでもらえる不動産会社のつくり方社長の5つの心得(風詠社)amazonで購入する

社長が変われば社員が変わる、社員が変われば会社が変わる、会社が変わればお客様に喜んでもらえる!不動産会社の経営者の方に読んで頂きたい一冊。 ※この本の収益金は日本赤十字社を通じて全額寄付させて頂きます。

~目次より抜粋~
第1章 社長の心構え(経営は学問でもある)
第2章 社長の責任(学習しないから同じ失敗をする)
第3章 社長の戦略(あなたの強みをどんな市場で活かしますか?)
第4章 社長の仕事(営業マンに集客を任せていませんか?)
第5章 社長の役割(社長は“明日の○○の種”づくりを!)

『任意売却物件で始めるローリスク不動産投資』(幻冬舎)
お客様に喜んでもらえる不動産会社のつくり方社長の5つの心得(風詠社)amazonで購入する

任意売却のご相談で最も多い要望は「住み続けたい」というもの。住み続ける形での解決には不動産投資家の協力が必要不可欠です。その一方で、現在、任意売却物件による不動産投資はあまり知られていません。この書籍を通して、より多くの方に任意売却による不動産投資を知って頂きたいと思います。

※ご希望の方に書籍プレゼント
関東関西主要エリアの相談室にお越しの方には、無料進呈させて頂いております。
ご希望の方は、ご相談の際にお気軽にお声掛けください。
このページの上部へ

音声CDセミナーのご紹介

「お金に関する知識を多くの方に知ってもらいたい」との思いから、これまで、あらゆる分野の著名な方と対談しました。その内容を収録した音声CDセミナーの一部をご紹介します。
ご希望の方はご相談時にお問合せください。(各60分程度)

 

最悪の競売を避ける方法はあります。
解決の道は、一本のお電話からスタートします。勇気を出して、まずはお電話ください。

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top