• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

自己破産と任意売却

自己破産が必要なケース

自己破産
  • 住宅ローンの返済ができなくなった
  • 住宅ローン以外にも複数社からの借入れがある・・・

抱える借金が多い方は、自己破産の検討もされるのではないでしょうか。

また、住宅ローンの問題で、弁護士や一般の不動産会社に相談してみたら「自己破産しかない」と言われたというご相談も頂いています。
しかし、そもそも自己破産をせずに解決できる場合もあります。
当然、状況により自己破産すべき場合もありますが、不動産をお持ちの方は事前に任意売却をした方がよいケースもあります。

ここでは、任意売却と自己破産について、下記3つのポイントに沿ってお話しします。

(1)自己破産をするべきか
(2)自己破産をするなら任意売却の前?後?
(3)自己破産を検討している方にとって、任意売却のメリットとは?

自己破産の手続きを検討中の方は、まずはご確認ください。

任意売却と自己破産、3つのポイント
自己破産をするべきか

自己破産をすれば、返済に追われる生活を終えることができます。
精神的な負担をなくすことは大きなメリットです。

ところが、実際には「なるべく自己破産は避けたい」というお問合せが少なからずあります。
自己破産をすることに抵抗を感じている方がいらっしゃるということです。
また、職業等の理由で自己破産を選択できない方もいるでしょう。

繰り返しになりますが、自己破産をしなくても解決できるケースがあります。

任意売却では住宅ローンの残債務ついて、金融機関とのお話し合いの上で、無理のない範囲で返済することも可能です。
また、連帯保証人がいる場合には、自己破産をすることで連帯保証人へ多大な影響を及ぼすことになります。

下記には、自己破産を行った際のメリットとデメリットを挙げていますが、状況に応じた判断をしていきましょう。


自己破産をするメリット
自己破産によりすべての借入れ金の返済を免責されます。

自己破産をするデメリット
  • 20万円以上の財産は処分される。(生活必需品を除く)
  • 自己破産後、5年~7年は新たにローンを組むことができない。
  • 自己破産により免責が確定するまでの間、特定の資格を必要とする職業に就くことが制限されます。
    (保険募集業、弁護士、税理士、宅地建物取引主任者など)
  • 連帯保証人に迷惑がかかる

住宅ローンの返済でご相談に来られる方の中には、任意売却とあわせて自己破産を検討されている方もたくさんいらっしゃいます。
その中には、そもそも自己破産をする必要がない方もいらっしゃいます。

例えば、住宅ローン以外には借入れ金がない方や、他の借入れ金額が少ない方などです。
検討する場合には、その方の年齢やご職業、借入れ金額の総額などを踏まえた上でアドバイスさせて頂きます。自己破産の手続きに入る前に、ぜひご相談下さい。

連帯保証人への影響

自己破産をすると、必ず連帯保証人に迷惑がかかります。
債務者本人は借入れ金の返済を免れますが、連帯保証人をつけていた場合、連帯保証人は返済義務を免責されることはありません。
さらに、基本的に連帯保証人には一括返済の請求がされます。一括で返済できない場合、連帯保証人も自己破産や個人民事再生手続き、任意整理などをせざるを得なくなります。
自己破産を行う際には、事前に連帯保証人の方に相談し、双方にとって最善の方法を選択しましょう。


自己破産をするなら任意売却の前? 後?

基本的には、任意売却の後に自己破産をすることをおすすめしています。

なぜなら、自己破産の手続きにかかる期間と費用が大幅に違うからです。

なぜ任意売却後に手続きをすると費用が少なくて済むのかというと・・・
自己破産は、「財産を持っている」か「財産を持っていない」かで手続きが異なるためです。

1.住宅(財産)を持っている場合 → 「管財事件(かんざいじけん)」

不動産などの財産を所有している場合、管財事件扱いとなります。
管財事件の場合、破産手続きを開始すると、裁判所から「破産管財人」が選任され、破産する方の財産を売却・換金して債権者に分配します。

この管財事件は、手続きにプロセスが多く、実際に免責許可が出るまで半年~1年ほどかかります。
また、破産管財人がつくため、裁判所への予納金が50万円程度の費用がかかります。
(別途、弁護士費用も必要となります。)

2.住宅(財産)を持っていない場合 →「同時廃止」

財産がない場合は、処分したり債権者に分配する財産がありませんので、破産管財人がつくことはなく、3ヶ月程度で免責許可がおります。

手続きも比較的簡単なため、弁護士に頼まず本人だけで自己破産の手続きを行うことも可能です。
裁判所への申立て費用は3万円程度です。

このように、任意売却でご自宅を売却した後に同時廃止の手続きをすることで、期間や費用面で負担が少なくなります。

上記はあくまでも基本的なケースになります。自己破産をご検討されている方は、自己破産のタイミングや手続きの方法についても事前にご相談ください。


自己破産を検討している方にとって、任意売却のメリットとは?

自己破産をする場合、任意売却でも競売でも同じ・・・ではありません。

競売に比べた時のメリットをご紹介します。

  • 任意売却をする上で自己破産をする方が、期間や費用の負担が少ない。
  • お引越し代(生活準備金)を捻出することが可能。
  • 税金の滞納がある場合、ご自宅の売却金額の一部を滞納額に充てられる可能性がある。

そのほか、引越し時期についても、ご自宅を購入された方と調整することもできます。
競売の方が手間がかからないし良い、と決めてしまう前にご相談ください。金融機関や役所とのお話合いなどは専門相談員が行います。今後の生活にとって一番良い方法で解決しましょう。


任意売却と自己破産関連コラム

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top