• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

自己破産は任意売却の前にするべきですか?後にするべきですか?

ケースバイケースです。そもそも、自己破産をする必要がない方もいます。まずは、手続きに入る前にご相談いただくことをお勧めします。その理由は・・・

 

不動産等の高額な資産をお持ちの方は、破産手続きの費用が高額になる可能性があります。
こういった場合を「管財事件」と言い、裁判所が選任した破産管財人が、資産を調査、売却・競売します。破産管財人の費用として予納金50万円程度が必要となります。また、弁護士に依頼する場合はその弁護士費用がかかりますし、手続きにも半年~1年ほどの時間がかかります。

 

一方、任意売却(任意売買)等で自宅を処分している場合には、資産がない状態であるため「同時廃止」という手続きになります。この場合、費用は3万円程度で手続きの期間も2~3ヶ月程度と短期間で済みます。

 

自己破産をご希望の場合、当協会では、専門相談員が、弁護士や司法書士と連携して、任意売却と自己破産の順序やタイミングを検討していきます。「どうせ自己破産するから今すぐしたい!」とお考えの方も、一度お問い合わせください。手続きを進めるベストタイミングを見極めていきましょう。

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top