• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

自己破産の手続き中です。任意売却はできますか?

自己破産の手続き中であっても任意売却は可能です。

 

自己破産をする方が不動産を所有している場合には、競売か任意売却のいずれかで処分することになります。

 

競売は裁判所による強制的な手続きですが、任意売却はご相談者の意思に沿って行うことが可能な売却です。

 

自己破産と並行して、任意売却でご自宅の処分を進めていきましょう。

 

また、管財事件の自己破産の手続き中の方は、破産管財人の許可が必要となりますのでご注意ください。ただし、こういった場合であっても、専門相談員から破産管財人にお話をさせていただくことも可能です。 一度ご相談下さい。

 

 

<※管財事件とは>

自己破産をする場合、高額な資産(不動産など)を持っていると、裁判所が専任した破産管財人が、資産状況を調査して、それらを売却し、売却益を借入金の返済に充てる方法を言います。

この場合、資産の処分については破産管財人の許可が必要となるため、所有者の意思だけで任意売却を進めることはできません。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top