• 全日本任意売却支援協会トップ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

1分でわかる!住宅ローン返済 危険度チェックリスト

10の質問に答えるだけで、あなたの住宅ローン返済危険度をチェックすることが出来ます。
更に10の質問で、お金と家庭の危険度もチェックできます。

住宅ローン危険度をチェックする お金と家庭の危険度をチェックする

住宅ローン危険度チェック

以下の項目から、自分が当てはまると思うものをチェックし、当てはまる項目の数であなたの危険度をチェックしてください。

住宅ローン危険度チェックリスト

貯金がほとんどない
家を買った頃の仕事から転職している
家を買った時より、年収が減っている
購入時の頭金は不動産価格の10%以下、あるいは入れていない
お借入をした銀行は、不動産会社から勧められて決めた(自分で比較検討していない)
毎月の収入が安定していない(多い時と少ない時の差が10万円以上ある)
住宅ローン以外に借金がある(キャッシング、消費者金融など)
いざという時が来てもお金の面で頼れる人はいない(親・兄弟の援助など)
今、家を売ったら借金が数百万円以上残る
毎月の返済額のうち、いくらが元金でいくらが金利なのかを把握していない

住宅ローン危険度チェック 結果

チェック数0から2個

概ね安全といえるでしょう

しかし、何か不測の事態が起きた際に対処できる預貯金が無いという場合は、今のうちに生活状況の見直し、改善できることはしておきましょう。

チェック数3から5個

危険な兆候です。

今すぐ無駄な出費がないか、今一度見直しましょう。当たり前になっている出費も、見直すことで大幅に改善できることもあります。

チェック数6から7個

危険です。近い将来、破綻する可能性が高いです。

今のうちに、今後の対処方法を考えておく必要があります。住宅ローンを滞納する前に、ご相談されることをお勧めします。

チェック8数から10個

極めて危険な状況です。今すぐご相談ください。

最悪の競売を避け、解決できる可能性はまだあります。

このページの上部へ

お金と家庭の危険度チェック

以下の項目から、自分が当てはまると思うものをチェックし、当てはまる項目の数であなたの危険度をチェックしてください。

お金と家庭の危険度チェックリスト

夫婦でお金の話をすることがない
夫婦のどちらかがギャンブルをする
家賃を払うなら家を買ったほうが良いという理由で購入した
子供の教育費が負担と感じている
親の介護にお金がかかっている(今後、かかる可能性がある)
細かいお金のやりくりなど、あまり考えたくない
生活費のやりくりは、どちらか一方だけが管理している
家を買ったことを、後悔している
お金が一気に入るうまい話はないか・・・と考える事が多い
やり直せるなら、人生やり直したいと考えることがある

お金と家庭の危険度チェック 結果

チェック数0から2個

安全です。

今のところ大きな問題は起こらないと考えられます。ただし、この先、収入が下がらないよう気を付けてください。

チェック数3から5個

危険な兆候が見えだしています。

直ちに機関な状況とはなりませんが、将来を見据えて、仕事と家庭のバランスを意識しましょう。

チェック数6から7個

危険です。

精神的なストレスが多く、体調にも影響が出ていませんか?可能であれば、ご夫婦で落ち着いて話し合う機会を設けましょう。

チェック8数から10個

極めて危険な状態です。

家族、家、仕事、何が大切なのか、優先順位をつけて考えてみましょう。大切なものを失わないために、早めに行動されることを
お勧めします。

このページの上部へ

あなたの危険度はいかがでしたか?

住宅ローンのご相談には、金銭面での問題はもちろん、ご家庭内で事前にお話合いができていない事が問題であるケースが少なくありません。

今後どのように進めていきたいか等、ご家庭内でお話合いをされることは非常に大切な事です。しかし、既に危険度が高くなっている場合は、お話合いもスムーズにいかないことも多いでしょう。

ご家庭内の問題も、珍しいケースではないのです。

当協会では、ご相談者の方のお気持ち面での整理のサポートもしながら、解決のお手伝いをさせて頂いております。

危険度が高い方も、そうでない方も、気になる部分があれば、すぐにご相談ください。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

任意売却用語集

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top