住宅ローンの借り換えを検討しています。

インターネットの比較サイトや新聞広告などで見比べていますが、どれがいいのかさっぱりわかりません。
私の回りでも同世代の人は大抵、同じような頃に家を買って住宅ローンを組んでいます。
友達の中でも何人かが「借り替えて得をした」という声を聞きます。今は本当に借り換え時なのでしょうか?借り換えるときの銀行選びのポイントはなんでしょうか?

インターネットで住宅ローン借り換えと検索すると膨大な数の検索結果が出てきます。特に目にするのが、住宅ローン比較サイトです。“20社徹底比較!”、“借り換え比較ランキング!”など広告料を目的としているであろう比較サイトが多く見受けられます。

 

確かにひとつひとつ見て比較しても、自分にどれが一番適しているのかはわかりにくいものです。その人の生活プランや借り入れの残債、現在の金利など考慮すべきポイントがいくつもあるからです。

 

紙面の関係上、割愛して説明しますが、一般的に次の3点を考慮すると良いとされています。

 

①現在の住宅ローンの残債務が1000万円以上あること。

②完済までの返済期間が10年以上あること。

③現在の住宅ローンの金利と比較して0.5~1.0%以上の金利の差があること。

 

 

 

この3つの事柄が住宅ローンの借り換えの目安となっていますが、これもあくまでも目安でしかありません。住宅ローンにはこれ以外にも諸費用が掛かってきますし、住宅ローンを借りられる方の職業によって特典(金利優遇や団体信用生命保険付きなど)を受けられることもあるのです。

 

現在(2016年12月)は日銀の資本政策の一環でマイナス金利が導入されていて住宅ローン金利も市場最低を更新していて0.5%を切る金利での貸し出しも珍しくないほどです。(ちなみにバブルの時は8%と言う住宅ローン金利があったと言われていますからその違いに愕然としますね。)

 

金利は景気と連動している側面がありますので、今後、日本経済が立て直して景気が良くなれば金利の上昇が見込まれるため、固定金利に借り換えされる人もいるようです。

 

その主な代表例が住宅金融支援機構が取扱っているフラット35と呼ばれるもので35年間金利が変わらない商品です。(フラット50という商品もあります)ちなみに現在の金利は1.1%の固定金利です。

 

まずは現在、借りられている住宅ローンの金利と比較してみてはいかがでしょうか。

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top