• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

住宅ローンの残債が2000万円、それ以外にクレジットや消費者金融に250万円の借金があります。弁護士に相談に行き自己破産を勧められました。インターネットで調べていると任意売却が良いと書かれていますが、住宅ローンなどの借金が全てなくなるので任意売却よりも自己破産の方がいいのではないのでしょうか?

質問者の方のおっしゃるとおり、自己破産をすれば借金はチャラになります。

質問者の方の経済状況だと、弁護士の先生のところへ相談に行けば、ほぼ100%自己破産を勧められるでしょう。

自己破産が悪いとは言いません。
自己破産は、借金を清算して、再出発する法的に認められた手段のひとつです。

私たち、全日本任意売却支援協会にも自己破産と任意売却のどちらかの選択で悩まれている方が多くいます。
そのような場合、「自己破産と任意売却と分けて考えてください」とお伝えしています。

自己破産は借金の問題であり、任意売却は自宅をどうするかの問題なのです。
また、自己破産はやろうと思えば、いつでもできます。
しかし、任意売却は進行する競売との時間との戦いでもあります。
分けて考えることで、優先順位が明確になります。

自己破産をしてから、任意売却はできません。
しかし、任意売却をしてから自己破産はできます。

また、任意売却を優先した場合、次のようなメリットもあります。

■ 任意売却(任意売買)を行うメリット ■
(1)任意売却(任意売買)をした上で自己破産をした方が手続きにかかる費用が安くなる。
(2)自宅の売却金額から引越代(生活準備金)が配分される可能性がある。
(3)投資家の協力があれば、住み続けられる(リースバック)可能性がある。
(4)税金の滞納がある場合、自宅の売却金額の一部を滞納額に充てられる可能性がある。 (自己破産をしても税金の納付義務は免れません)

任意売却のメリット
任意売却のデメリット

自己破産を検討中の方の大きな誤解として次のようなものがあります。

『自宅を売却しても住宅ローンが残るから自己破産しか方法がない』

自宅を売却するのに、売却価格よりも住宅ローンの残債の方が多いケースは多々あります。
例えば、住宅ローンの残債が2000万円で、売却価格が1500万円といったケースです。こうなれば「借金が500万円残るから自己破産しかない」と多くの人は考えます。
確かに、500万円もの借金は高額です。しかし、任意売却を行った後は、債権者(住宅ローンの貸主)も、「一括で返済しなさい」「新たにローンを組みなさい」ということは言いません。「支払える範囲で支払ってください」と言ってくる債権者がほとんどです。

また、日本の銀行の役割はすでに社会のインフラ的な役割を果たしており、社会的責任も大きな組織です。そのような組織が、闇金の取り立てのように威嚇したり、恫喝したりすることは、絶対にありません。任意売却後の残債については、比較的柔軟に対応してくれます。また、次のような事例も過去にはあったので、そちらも参考にして下さい。※1430万円の借金が10万円・・・

まとめ
お金の問題で困窮すると、どうしてもパニックになり冷静な判断ができません。
まず自己破産と任意売却を分けて考えることをお勧めします。
その上で、任意売却をした上で、自己破産をするかどうかご検討下さい。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

フェイスブック

Page Top