• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

多額の税金の滞納があります。自己破産しても納付しなければならない?

よくご相談いただく税金としては、固定資産税住民税などがあります。

 

そして、滞納したこれらの税金は、全額を納付するまで督促が続きます。

例え自己破産をしても、住宅ローンや消費者金融などからの借入れのようには免責されないのです。

 

また、万が一ご自宅が競売となってしまっても、やはり全額を納付するまで督促は続きます。

さらに原則として、全額を納付するまで延滞税(利息に相当するもの)が課されます。

 

延滞税の利率は最大で14.6%にもなり、ご相談いただく方の中には本税(元々納付しければならなかった税)よりも高額になっている場合も少なくありません。



一方、一般的に任意売却では、必要経費としてご自宅の売却金額の一部を滞納した税金の支払いに充てることも可能です。

場合によっては、任意売却と同時に税金が清算される可能性もあります。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top