• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

別れた妻(連帯保証人)が住む家を任意売却したいのですが・・・

任意売却をするためには、連帯保証人である元奥様の協力が必要す。


また、連帯保証人には住宅ローンの残債務についても少なからず
影響が出てきます。きちんと説明をする必要があります。


そもそも「任意売却をする必要があるのか」ということも含めて、一度検討してみましょう。
ローン名義人、連帯保証人、どちらにとっても最善の方法をとっていきましょう。
(元配偶者の方には状況に応じて専門相談員がお話させて頂くことも)

 

 

離婚後、元奥様とお子さんが自宅に住み続けているケースは
お問い合わせの中でも非常に多い状況です。


~別れた妻と子どもが住み続けている~

①養育費がわりに住宅ローンは夫が払い続けている
②住宅ローンは別れた妻が支払っている

①の場合、夫側はダブルで支払う住居費が大きな負担になることが
予想されます。収入状況や再婚などの生活状況の変化によっては
ローンの支払いを継続するのが困難になることも・・・。
万が一支払いが厳しくなる場合には、事前にきちんと説明する必要が
あるでしょう。

また、元奥様が連帯保証人である以上、売却する際には必ず協力が
必要になります。



②の場合、夫側は支払いの負担はありませんが、万が一、元奥様が
支払いを滞納した場合などは、ローンの名義人である夫側に請求が
来る等の影響が出てきます。


いずれにしても、住宅ローンを残したまま離婚する場合には、ローンを
完済するまではまったくの無関係でいることは困難です。
また、住宅ローンは金額の大きな債務です。万が一の場合には双方に
大きな影響が及びます。


その点を留意しながら返済計画を立てる必要があります。

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top