• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

解決事例

【元夫が滞納】4年前に離婚した夫と連絡がとれない

相談者 野上芳子(仮名)様
年齢 43歳
職業 派遣社員
家族 長女(15歳)、次女(11歳)
住所 横浜市磯子区


【お支払いができなくなった理由】

住宅ローンの返済は元夫がしていました。4年前に離婚しましたが、 娘たちの小学校のこともあり、私と娘がこの家に住んでいました。 ある日、裁判所の方が家に来られ、このままだと競売になる可能性 があると言われました。滞納が続いていたようです。慌てて元夫に 連絡をとったのですが、連絡がとれませんでした。


【お客様の希望】

任意売却をして引越し代を捻出したい。

解決までの流れ

名義人はあくまでも元ご主人でしたので、連絡をとって任意売却にご協力頂かなければなりませんでした。なんとか連絡をとることができ、任意売却を進めることができました。この時点で競売開始まであと2ヶ月。時間が限られていたので、ご登録頂いている投資家の方にご協力を求めました。結果、引越費用を捻出することが叶いました。

お客さまのご感想

どうすればいいのか眠られない日々が続いていました。
仕事をしながら、娘たちをこの学区で卒業させてやりたい気持ちと、すぐに実家へ帰る準備をすべきか、不安で不安でたまりませんでした。
元夫にも連絡がとれないので、誰にも相談できないまま時間だけが経過していました。そんな中、インターネットで任意売却という方法を知り、とにかく相談しようと駆け込みました。
限られた時間の中で引越先を見つけたりと、私にとっては踏ん張り時でしたが、いつも佐藤さんが親身に話を聴いてくださり、とても励まされました。娘たちと頑張っていきます。ありがとうございました。

今回の担当者より一言

ご相談に来られた際、競売になるかもしれない状況や、元ご主人と連絡がとれないことから焦りと不安でいっぱいだとおっしゃっていました。
「娘たちのためにもこれからの生活に向けて頑張っていきたいんです」という野上さんの言葉に、私自身、絶対に諦めないという気持ちを強くしました。解決時に「娘たちも安心しています」とおっしゃって頂き、嬉しく思いました。これからも仲良く頑張ってくださいね。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top