任意売却の成功事例

横浜市保土ケ谷区の任意売却の解決事例

相談者 武田孝(仮名)様
年齢 46歳
職業 鍼灸院勤務
家族 妻、子供3人
住所 横浜市保土ケ谷区


【お支払いができなくなった理由】

以前は鍼灸院を開業していたものの、うまくいかず廃業しました。(現在は、別の鍼灸院にて給与をもらいながら勤務しています) また、妻とは離婚を前提に話をしており、引越しの際の初期費用は出すように言われています。


【お客様の希望】

任意売却をして引越し代を妻に渡したい。

解決までの流れ

横浜市保土ケ谷区の武田さんは、元々はご自分で開業されていましたが、上手くいかず廃業。現在は、鍼灸院にお勤めされております。

ご自宅は、相鉄線の上星川駅のすぐ近くです。

当協会にご相談に来られた時には、すでに離婚する予定です。その際にお聞きしたご希望は「妻に引越し代を出して欲しいと言われているので、任意売却でなんとかしていただけませんか。」とのことでした。

奥さんとお子さんの4人の引越しとなると、費用もかさみます。できるだけ多く残せるよう、金融機関や購入希望者の方に協力をお願いしました。

任意売却をした結果、40万円の現金をお渡しすることができました。

お客さまのご感想

正直、バタバタと色んなことを決めている中で、家の処分をどうするのかを考えるのは非常に億劫でした。妻や子どもたちの次の生活を準備する余裕もなく、胃の痛む日々でした。

でも思い切って相談して良かったです。私にも引越し費用が手もとに残りました。これから学費なども必要になってきますし、仕事に励みたいと思います。

今回の担当者より一言

武田さんご家族にとっては、任意売却と離婚が同時期でしたので、精神的な負担を心配していました。しかし、購入希望者へのご案内など、非常に協力的に対応していただきました。

お家の問題については、お2人ともが納得いく形で解決されたようで、本当に良かったです。

<<「横浜の任意売却」に戻る

Page Top