住宅金融支援機構が任意売却を勧める理由

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)で住宅ローンを組んでいる方の中には、すでに住宅金融支援機構から任意売却を勧められている方がいると思います。(実際にホームページで任意売却を勧めています。)

住宅金融支援機構は、任意売却を勧める理由3つを通常売却や競売と比較して挙げています。

①売却金額の差

競  売 →市場相場よりかなり低い金額で落札される
任意売却 →市場相場に近い金額で売却できる

任意売却は、競売での落札価格と比較すると高い金額で売却することが可能です。その結果、残債(住宅ローンの残額)を可能な限り減らすことができます。

②必要経費の差

通常売却 →必要経費を自分で用意する必要がある
任意売却 →必要経費は売却金額から捻出できる

任意売却をすると必要経費(仲介手数料、登記費用など)を売却金額の中から支払うことが認められます。また、延滞損害金の減額についても相談できます。

③引越し時期の差

競  売 →強制的に退去させられる
任意売却 →引越しする時期を調整できる

引越し時期の調整ができるということは、例えばお子さんの入学や卒業の時期に合わせて引越しができるということです。

これら3つのことからもわかる通り、任意売却は債権者にとっても、よりよい解決手段と言えるのです。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top