任意売却の連帯保証人への影響

住宅ローンを組んだ際に、申込人とは別に連帯保証人が設定されている場合があります。

多くの連帯保証人は、家族や親族です。そして、住宅ローンを滞納すると連帯保証人にも請求される可能性があります。

実際に当協会にご相談に来られる方の中には、ご好意で連帯保証人になってもらった家族や親族には迷惑をかけたくないという方が大勢いらっしゃいます。

その中には「任意売却したら迷惑が掛かるのではないか」と心配されて任意売却を躊躇される方もいらっしゃいます。しかし、本望ではないとはいえ住宅ローンを滞納すると連帯保証人は請求されることになり、何もせずに競売になってしまうと、さらに多大な迷惑が掛かります。そうなる前に、できる限りの解決として任意売却を検討しましょう。

任意売却の連帯保証人への影響 関連ページ

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top