任意売却と自己破産の関係

まず、当協会では基本的には自己破産をお勧めしておりません。というのも、ほとんどの人にとって任意売却をすれば自己破産をする必要がないからです。ただし、中にはどうしても自己破産をする必要があるケースもあります。

自己破産をするタイミングは?

自己破産イメージ

①任意売却→②自己破産 の順を推奨しております。

逆に、自己破産を先にしてしまうと、それは管財事件となってしまいます。管財事件とは、裁判所に選任された破産管財人が財産の処分をすることです。通常は不動産は競売にかけられます。

対して、先に任意売却をすると債権者との交渉の中で引越し費用の捻出ができ、かつ、競売にもなりません。また、自己破産にかかる費用も安く済みます。

弁護士に自己破産を勧められた・・・?

弁護士イメージ

弁護士に相談される方もたくさんいらっしゃいます。しかし、相談に言った方が口をそろえて言うのが「自己破産を勧められました」という言葉です。さらに「自己破産以外に解決なんてできない」「手っ取り早いのが自己破産」などと言われる場合もあるようです。

しかし、先にも述べましたが、ほとんどの人にとって自己破産は必要ありません。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

Page Top