任意売却を検討すべき人

下記に当てはまる方は任意売却をご検討ください。また、まだ下記の状態でなくとも、いずれそうなるかもしれないという方も早めにご相談いただくことで、あらかじめ今後の対応策と安心感を持つことができます。

任意売却を検討すべき人

①住宅ローンが返済できない人
②競売を申し立てられた人
③役所から差し押さえされた人
④借金の請求・督促が届いている人
⑤マンションの管理費が支払えない人
⑥離婚した、または、離婚する人
⑦投資用マンションを手放したい人

上記の中でも特に、住宅ローンの滞納が3カ月を過ぎている方、競売を申し立てられた方はお急ぎください。お早めにご相談いただければリースバックで住み続けることが可能になるケースがあります。

また、競売を申し立てられるのは、住宅ローンを滞納した場合だけではありません。消費者金融やカードローンなどの返済を滞納した場合や、マンションの管理費を滞納した場合も、住宅ローンを滞納した場合と同様に競売を申し立てられる可能性があります。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

Page Top