• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

任意売却と通常の売却の違いは何?

ご自宅を売却する場合、住宅ローンの残りを全額返済する必要があります。

通常、ご自宅の売却金額を返済に充てますが、

売却価格がローンの残額を下回り、ローンの残額が残る場合は、

その差額分を現金で用意しなければなりません。

 

 

 

 

(1)通常の売却① : ご自宅の売却価格 > 住宅ローンの残額

   売却費用で住宅ローンを全額返済します。

 

(2)通常の売却② : ご自宅の売却価格 < 住宅ローンの残額

   ⇒売却費用だけでは住宅ローンを全額返済できないため、

    差額分を現金で用意する必要があります。

 

(3)任意売却 : ご自宅の売却価格 < 住宅ローンの残額

   ⇒売却費用だけでは住宅ローンを全額返済できない、

    差額分を現金で用意できないケースの場合でも、任意売却は可能です。

 

 

差額を準備できない場合、通常、金融機関は売却を認めてくれません。

しかし、このような場合でも、お話合いをした上で金融機関の同意を得ることが

できれば、売却することができます。これが任意売却です。

 

 

任意売却では、売却金額をローンの返済の返済に充てます。

それでも残ったローンの残額については、生活状況に応じてお話合いをし、

無理なく分割して支払うことができます。

 

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top