任意売却の交渉(銀行や役所)

任意売却は、通常の不動産売却と異なり、銀行や役所との交渉が必要です。

任意売却とは“残債をすべて返済できないけど売却を認めてもらうこと”と言えます。つまり、債権者(借入先の金融機関)に任意売却することを認めてもらう交渉が必要になるのです。また、税金の滞納による差し押さえがある場合は、同時に税務署や役所との交渉も必要になります。

当然、これらの交渉は専門の相談員が行います。

任意売却の専門相談員

これらの交渉は、不動産と金融の専門的な知識と経験が必要となり、一般的な不動産会社の営業マンには困難です。また、弁護士は法律の専門家ではありますが、不動産の専門家ではないので交渉は困難を極めるでしょう。とくに多額の税金の滞納がある場合は困難となりますの、経験のある専門家が行う必要があります。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top