債権譲渡(さいけんじょうと)

債権譲渡は、債権回収の手段として使われています。 例えば、A社が100万円の債権をB社に60万円で売却します。これを債権譲渡と言います。債権者がA社からB社に変わったとしても、債務者の債務額は100万円のままです。 A社にとっては40万円の損失に見えますが、A社は60万円を回収し、債権の維持コストの削減ができることになります。一方のB社はというと、60万円で買った債権で、100万円を回収することができれば、40万円の利益を上げることができます。 住宅ローンについては、任意売却や競売の後に残った債権を金融機関が債権回収会社(サービサー)に売却されることがあります。

関連キーワード

さ行 その他のキーワード

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

資料請求

ページ上部へ
Page Top