明渡猶予制度(あけわたしゆうよせいど)

明渡猶予制度とは、競売により不動産が落札された場合に、居住者が競売で落札した新所有者に明け渡す時期を猶予される制度のことを言います。通常、競売で不動産を落札した人(買受人)が代金を納付すると、所有権は買受人に移ります。そして、対象の不動産に居住している人は、早期に明け渡す必要があります。

ただし、例外があります。対象不動産に居住しているのが賃借人(所有者と賃貸契約を交わして住んでいる人)の場合には、6か月の明渡猶予が認められる場合があります。この例外のことを明渡猶予制度と言います。

関連キーワード

あ行 その他のキーワード

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

資料請求

ページ上部へ
Page Top