売却基準価額(ばいきゃくきじゅんかがく)

売却基準価額とは、競売で不動産を購入する場合に目安とする金額です。
どのように決められているかと言うと、競売が申し立てられると、裁判所の執行官とともに不動産鑑定士が対象不動産に調査に来て、評価価格を設定します。その評価書をもとに裁判所が売却基準価額を決めます。売却基準価額は、通常、市場価格の4~5割と言われています。これは、競売不動産が事前に中を確認できないといった、一般市場での売買よりも不利であることを考慮されているためです。
競売は、この売却基準価額よりさらに2割低い買受可能価額の金額から入札することが可能です。人気エリアの物件などは売却基準価額以上の金額で落札されることもあります。

関連キーワード

は行 その他のキーワード

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top