一般媒介契約(いっぱんばいかいけいやく)

不動産取引の際に、売買の依頼者が宅建業者(不動産会社)と結ぶ契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専任媒介契約」の3つがあります。このうち、一般媒介契約は、依頼者が複数の宅建業者と契約を交わすことができます。また、自分で見つけた相手と取引することができます。 一般媒介契約は、時間を要してでもできるだけ高く売却したいという場合に適していると言えます。 任意売却では、窓口を1本化したいという金融機関の要望から、専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を結ぶことが多いです。

関連キーワード

あ行 その他のキーワード

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

資料請求

ページ上部へ
Page Top