任意売却と連帯保証人の関係

連帯保証人とは、住宅ローンの名義人(債務者)が返済できない場合に、代わりに返済する義務を負っている人のことです。日本で単に”保証人”といえば、この連帯保証人を指すことが多いようです。

住宅ローンを滞納すると、連帯保証人にも通知が届きます。つまり、債権者(借入先の金融機関)は、連帯保証人に返済を請求するのです。

そのため、任意売却をする際には、連帯保証人とも話し合いが必要になります。

連帯保証人についてよくあるご相談

「離婚する予定ですが連帯保証人を外せますか?」

家を購入する際、”夫がローンの名義人、妻が連帯保証人”になっているケースはよくあります。この場合、いざ離婚する際に連帯保証人を外したいとおっしゃる方は非常に多くいらっしゃいます。

しかし、連帯保証人と離婚はまったくの別物です。銀行は、連帯保証人を外すことを簡単には認めないでしょう。

仮に、競売になった場合、当然に連帯保証人の被害も大きくなります。被害を最小限に抑えるためにも、連帯保証人になっている方は、みなさん任意売却を選択されるようです。

住宅ローンの返済に悩んだとき 関連ページ

住宅ローンの返済に悩んだとき よく頂く質問

住宅ローンの返済に悩んだとき 解決事例

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-57-1108

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

Page Top