任意売却は多くの金融機関が認めている解決手段

任意売却の相談風景任意売却は、都市銀行・地方銀行や住宅金融支援機構をはじめ多くの金融機関が住宅ローン問題の解決手段として認めています。

その理由は、競売よりも多くの債権額を回収できるからです。

任意売却は、ほとんどの場合で競売よりも高値で売却することが可能になります。高値で売却することが可能ということは、金融機関にとってはそれだけ多く回収できるということになるのです。

また、金融機関は競売を申し立てる際に予納金といわれる費用を裁判所に納付しなければなりません。予納金とは、競売が申し立てられた不動産の調査等に必要な費用を、裁判所が申立人にあらかじめ納付させるものです。

競売が完了してしまうと、金融機関は納付した予納金額を、債務者であるみなさんに請求します。債務者にとっては余計な費用になり、また、金融機関にとっても余計な手続きとなります。

そのため、競売になるのではなく、やはり任意売却での事前解決のほうがお互いにメリットがあるのです。

住宅ローンの返済に悩んだとき 関連ページ

住宅ローンの返済に悩んだとき よく頂く質問

住宅ローンの返済に悩んだとき 解決事例

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-57-1108

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

Page Top