任意売却が完了した後の残債はどうなる?

無事に任意売却が完了すると、ほとんどの方が残債が残ります。残債とは、残った住宅ローンの金額です。およそですが、700~1,000万円ほど残るケースが多いです。

この住宅ローンの残債については、金融機関は柔軟に対応してくれます。

大きく、次の2通りの方法があります。

①可能な範囲で返済していく

多くの金融機関が提案している方法です。

任意売却が完了した後は、新居の賃料が発生し、また、生活費やお子さんの学費など費用も必要ですね。そこで、金融機関と話し合いのうえ、”可能な範囲で返済していく”方法があるのです。

注意しなければならないのは、金融機関からのお知らせや連絡には誠実に応える必要があるということです。

住宅ローンの残債は、あくまで借金です。そのため、金融機関は回収のために給与の差押さえをする可能性があります。誠実に対応している限りは問題ない場合がほとんどですが、そうでない場合は差し押さえられる可能性があります。

②サービサー(債権回収会社)と話し合う

債権者である金融機関は、残債についての債権を、サービサー(債権回収会社)に売却する、または、回収を委託する場合があります。

サービサーとは、法務大臣による許可を受けて、金融機関や保証会社から債権を買取り、または、委託を受けて債権を回収する会社です。

サービサーに債権窓口が移ると、その後はサービサーと話し合いをしていくことになります。収支状況や返済計画を話し合っていきますが、その話し合いによっては金額が大幅に圧縮される場合が多々あります。

住宅ローンの返済に悩んだとき 関連ページ

住宅ローンの返済に悩んだとき よく頂く質問

住宅ローンの返済に悩んだとき 解決事例

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

Page Top