リースバックに必要な条件

リースバックに必要な条件

嬉しいメリットが多いリースバックですが、無条件で必ずリースバックができるわけではありません。多くのケースで次のような条件をクリアすることが求められます。

①安定した収入があること

リースバックとは、自宅を一旦売却し、家賃を支払って住み続ける方法です。通常の賃貸住宅を借りる際と同様、賃貸契約を結び、毎月の家賃を支払います。そのため安定した収入があることが条件となります。

ただし、正社員である必要はありません。一定の収入が見込めるようであれば、パートや派遣社員の方、年金生活の方にもご利用いただけます。

②名義人すべての同意が必要

リースバックはご自宅の売却ですので、ご自宅の名義人全員の同意が必要になります。

例えば、お家を兄弟3人で相続し、3分の1ずつの共有名義だったとします。兄がそのお家に住んでおり、リースバックを希望した場合には、共有名義人である弟2人の同意・承諾が必ず必要になります。具体的には売買契約書への署名・捺印等が必要になります。

名義人すべての同意

 

そのため、リースバックをする場合には事前にご連絡をとり、リースバックをしたい旨をお伝えください。(疎遠であったり、直接ご連絡できない事情の方は当協会の専門スタッフよりお話しすることも可能です)

任意売却によるリースバック 関連ページ

任意売却によるリースバック よく頂く質問

任意売却によるリースバック 解決事例

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

資料請求

Page Top