解決済みQ&A 住宅ローンQ&A お悩み広場

住宅ローンは残っていないのですが、高齢で相続人も居ないので、リースバックで売却し、賃貸で最期まで自宅に住み続けたいのですが?

横浜市都筑区/Mさん

回答日:2016年11月14日

最近、同じようなご相談を多くいただいております。

 

相続人も居ない方にとって、ご自分が亡くなった後や施設に入らなければならなかった場合に、自宅の処分をどうするかというのは非常に心配なことの一つです。

 

早々に売却すると、代わりの部屋を賃貸しなければならず、また住み慣れた自宅を離れるのも辛いものです。

 

そこで、最近は「リースバック(リースは借りる、バックは買い戻すという意味です)」を利用して、いったん売却をするのですが、その家を再度ご自身が賃貸する方が増えています。

 

元々、リースバックはバック(買い戻す)が目的なので、一旦売却して、将来はご自身や身内の方が買い戻すことが基本です。
しかし、近年は相続人が居なかったり、身内の方が買い戻しに協力してくれなかったりと、必ずしもバック(買い戻す)が必要ない場合も増えて来ました。

 

そこで、バック(買い戻す)が無くても、リース(借りる)ことが出来るよう、諸条件を調整して、売却してもご自分たちが住まなくなるまで賃貸できるような契約を結ぶことで、安心して老後を自宅で過ごせるようにしております。
売却代金はもちろんお手元にお渡ししますし、ご不安なら一部前家賃という形で投資家の方に預けておくこともできます。また、現在多くの銀行で取り扱いの増えてきた「リバースモーゲージ」とは仕組みが異なります。リバースモーゲージを断られた方々も数多くこのリースバックをご利用できておりますので、選択肢の一つとしてご検討ください。

 

自宅で生活する年数がそんなに長くない場合、または一旦まとまったお金が必要になったが、まだ自宅には住み続けたい方は一度ご相談ください。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top