解決済みQ&A 住宅ローンQ&A お悩み広場

相続を避けるため、リースバックで住み続けたいのですが

母の自宅についての相談です。
70歳の母は大阪府高槻市に一人で暮らしています。住宅ローンの返済はありません。

 

わたしは仕事の関係で遠方に住んでおり、弟が母の家の近くに住んでいます。でも、弟は高齢の母の様子を見にくることもなく、私たちとも疎遠です。

 

母とも話し合い、母の亡き後、相続の件で弟ともめたくないこと、
固定資産税などの支払いを手放したいということから、リースバックをして住み続けたいと思います。

 

率直に、母が亡くなるまで住み続けたいのですが、可能でしょうか?

以前、別の会社に相談したところ、母の年齢のことで引き受けられないと断られました。

 

 

大阪府高槻市/Uさん

回答日:2017年5月29日

ご質問ありがとうございます。



「相続での揉め事を避けるために」「老後の資金のために」という目的でリースバックのお問い合わせを頂くことが多くなりました。



もちろん、住宅ローンの返済状況、税金の滞納の有無、ご自宅の状況に左右されますが、Uさんのケースであればリースバックが可能です。



あとは"条件がクリアできるか"です。



リースバックは投資家の方の協力を得て行います。そのため、不確かな期間であれば投資を希望する投資家が限られます。



例えば、いったん10年間という期間で区切って、投資家と契約を結び、その後に再契約をするという形をとっても良いと思います。



大切なご自宅のことです。Uさん親子にとって納得のいく形でリースバックを進めましょう。また、お母さまの老後の暮らしに関わることです。しっかりお話を聞かせてください。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top