• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

解決事例

【月収・ボーナスがカットに】早めの相談で住み続けることができた

相談者 野坂浩太(仮名)様
年齢 46歳
職業 会社員(製造業)
家族 奥様(46歳)・息子(16歳)
住所 大阪市福島区


【お支払いができなくなった理由】

昨年、勤務先の業績が過去最悪に。毎月の給与もボーナスも15%カットされました。今後返済は厳しくなるだろうと思い、相談しました。


【お客様の希望】

住み続けたい。

解決までの流れ

野坂さんは住宅ローンを滞納される前のご相談でした。住み続けたいということで、まずは野坂さんのお兄さんにご協力を打診しました。しかしやはりローンの残額が大きかった為、ご協力は難しいということになりました。
そこで、投資家の方に協力をお願いしました。野坂さんはご本人も奥さんにも安定した収入があることから、ご協力頂けました。

お客さまのご感想

息子が念願の高校に入学したところだったので、できれば住み続けたいと思っていました。同じ学区内で引越しも検討しましたが、親子3人で賃貸となると賃料もばかになりません。
結果、息子が高校を卒業する頃まで住み続けられることになりました。新井さん、こちらの希望を叶える為、最後まで諦めずに奔走してくださり、ありがとうございました。

今回の担当者より一言

野坂さんは滞納前の早い段階でご相談下さいました。そのため、親族間売買、リースバックのいずれの方法も検討する時間が十分ありました。
「今回の件をとおして家族の絆が深まりました」とおっしゃられていたのが印象的でした。お手伝いができて良かったです。今後もご家族で頑張って下さいね。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top