リースバック(事業主、店舗、工事)

法人・事業主の方もリースバックは有効です

所有している事務所や店舗・工場などの不動産を売却して、リース契約をし、「賃貸」として利用することができます。下記のようなケースで事業主の方にリースバックは利用されています。


住所変更によるデメリットが大きい!

自宅を兼ねているので引っ越しできない!

売却代金を事業資金に充てたい!

店舗改装費を捻出したい!

資金繰りを改善したい!


商業施設・店舗・工場でも

店舗や工場 事務所・工場・店舗・倉庫等のリースバックも可能です。

全日本任意売却支援協会では、抵当権の有無に関わらず、リースバックのお手伝いをしています。事業に必要なビル、工場などの不動産を利用して、債務の圧縮資金の捻出が可能になります。

リースバックは、「一定期間」・「継続的に」・「買戻すことを前提にしたい」等、条件に合わせて活用して頂けます。

また、会社の不動産だけでなく、ご自宅や土地、投資用不動産等を利用した資金捻出も可能です。


キャッシュフローの改善にも

リースバックをすると、不動産のローンの返済に代わって毎月の家賃を支払うということになります。

つまり、債務の元金の支払い(費用として計上ができない)が減り、家賃の支払い(費用として計上が可能)が発生します。

その結果、利益が圧縮され、法人税が減ります。よって、キャッシュフローの改善につながるのです。


法人のリースバック活用事例

店舗や工場自宅の一部を事務所利用していて、引越しできない

まとまった収入が入るまで、運転資金が足らず、銀行に融資をお願いした。ところが融資を受けられず、毎月の返済を滞るようになった。仕事の受注数自体は増えている状況なので、引っ越すことなくなんとか資金を得たい。

解決方法

自宅兼事務所をリースバックで売却し、売却益を運転資金と返済に充てることに。事業が継続できたので、将来的には買戻しも視野に入れている。



任意売却によるリースバック 関連ページ

任意売却によるリースバック よく頂く質問

任意売却によるリースバック 解決事例

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

Page Top