リースバックのデメリット

デメリット1 自宅の名義が変わる

リースバックは、自宅を売却してそのまま住み続ける方法ですので、ご自宅の所有権は当協会(または投資家)に移ることになります。(所有権が移ることで、住宅ローンや固定資産税の支払いから解放されます)

そのため、資産としてお子さんにご自宅を残したいという方にとっては、デメリットになります。

この“所有権が移る”というリースバックのデメリットは、「買戻し」により補うことが可能です。

リースバックの契約時に、あらかじめ買い戻すことを条件にするのです。例えば、「3年後にお子さん名義で買い戻す」という条件をつけることが可能です。

ただし、リースバックをした際の売却時よりも安い金額で買戻しができる訳ではない点には注意が必要です。



デメリット2 家賃が発生する

リースバックは自宅を売却した後に、家賃を支払い住み続ける方法です。当然、毎月家賃が発生します。

家賃を滞納してしまうと退去を余儀なくされます。それでは本末転倒です。ですから、無理のない範囲の家賃であることが大切です。

また、毎月の家賃を払うための「安定した収入」が必要になります。ただし、会社員である必要はありません。年金生活をされている方やパートの方であってもリースバックは可能です。

任意売却によるリースバック 関連ページ

任意売却によるリースバック よく頂く質問

任意売却によるリースバック 解決事例

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

資料請求

Page Top