任意売却の成功事例

東京都調布市の任意売却の解決事例

相談者 市川 啓太(仮名)様
年齢 43歳
職業 大学講師
家族 妻(40歳)、娘(13歳)
住所 東京都調布市


【お支払いができなくなった理由】

転職したことで収入が減少したこと、子どもが私学の中学に入ったことで住宅ローンの返済が厳しくなった。


【お客様の希望】

子どもには迷惑をかけたくないので、学費を優先したい。家は任意売却して家賃の安いマンションに引っ越したい。

解決までの流れ

市川さんは、住宅ローンが全額返済できる価格では購入者が見つからず焦っておられました。

自宅の住所は東京都調布市の仙川です。近年、人気が高まっているエリアですので、任意売却が成功する可能性は十分にあります。

しかし、競売の手続きが進んでおり、時間の制限がありました。そのため、すぐに金融機関との話し合いをスタートし、販売価格を調整しました。

無事に購入者が見つかり、引越し代を手もとに残すことに成功しました。

お客さまのご感想

転職により収入が激減しました。また、同時期に子どもが私立の中学に入ることになり、住宅ローンの返済がまったく出来なくなりました。

せっかく子どもが努力して合格した学校なので、この教育費を最優先させたいと考え、売却活動をしていました。しかし、家の売却はうまくいきませんでした。

いよいよ競売しかないのか・・・と焦っていましたが、任意売却という方法があることを知りました。希望通り、引越し費用を手にすることができて大変助かりました。ありがとうございました。

今回の担当者より一言

市川さんは、収入が減った時点からご自宅を売却するために手を尽くされていました。

しかし、住宅ローンの残額が大きかったこともあり、金融機関から競売の申立てをなされるに至りました。

ご相談に来られたときには、お子さんのことを第一に考えたいという思いの強さが伝わってきました。無事にお家の任意売却が終った日、ご家族みなさんが笑顔になられたことを今でも思い返します。これからもご家族みんなで助け合って暮らしてくださいね。

<<「東京の任意売却」に戻る

Page Top