任意売却で住宅ローンの滞納・競売・差押の問題を解決したい方々のために。

一般社団法人 全日本任意売却支援協会 平成30年度相談件数1,500件以上

大阪府の任意売却の解決事例収入減/失業
妻が仕事を辞め、自分自身は転職して給料が下がったため、住宅ローンの支払いが厳しくなった。

相談者 堀本一弥(仮名)様
年齢 50歳
職業 会社員(メーカー勤務)
家族 妻、子2人
住所 大阪市阿倍野区

お客様の希望

引越し代をいくらかもらって任意売却をしたい。

解決までの流れ

堀本さんは、地下鉄御堂筋線の西田辺駅の近くにマイホームを購入。実家が阿倍野区にあったこともあり、祈願のマイホームでした。

購入当時は、夫婦共働きで十分の収入があり、5,000万円の住宅ローンも決して無理した金額ではなく、問題なく払っていけると想定していました。

潮目が変わったのは、奥様が出産のため退職した時でした。それまでお二人の収入があったから余裕があったものの、1人になるとギリギリの状況です。しかし、それでも堀本さんは1人で頑張り続け、何とか住宅ローンだけは払ってきたとのことです。

その後、堀本さんが転職。給料がおよそ半分になると、もう限界でした。奥様がパートで働くようになりましたが、それでも間に合いません。

そして堀本さんは、先のことを考えて早めに任意売却をすることを想定してご相談に来られました。

ご相談に来られた後、任意売却の活動が始まるまでは約5ヶ月ほどありましたので、その間に堀本さんには引越し先を十分に選んでいただけました。

また、ご自宅が阿倍野区の御堂筋線「西田辺駅」近くということで、売却先は比較的早く決まるだろうと予想できましたので、いざ任意売却が始まると銀行との調整を一気に進めました。

案の定、買い手がすぐに決まり、任意売却が無事に完了。堀本さんもスムーズにお引越しができました。

お客さまのご感想

正直、相談に行くまではすごく不安で「もしかしたらダマされるのではないか・・・」と思ってました。

恐る恐る尋ねると、しっかりとしたオフィスで、リラックスして話ができました。担当の新井さんは、私たち夫婦の話をよく聞いてくださり、「堀本さん、お金の問題は必ず解決します。だから、これからの生活を最優先に考えて行きましょう。」と心強い人でした。

実際に任意売却も上手くいき、助かりました。

今回の担当者より一言

堀本さんのように、奥様の離職や、ご自身の転職を機に住宅ローンの支払いが苦しくなるケースは非常に多いです。

特に夫婦共働きを前提にして家を購入した場合は、それが崩れるとたちまち滞納してしまうということも珍しくありません。

今回の場合は、非常に早い段階でご相談に来られたため、余裕を持って引越し先を探していただけ、また、銀行との調整も上手くいきました。

堀本さん、これからの生活をがんばってくださいね!

<<「大阪の任意売却」に戻る

収入減/失業の解決事例

無料お急ぎの方はこちら

相談無料お急ぎの方はお電話からご相談ください

  • 首都圏の方(東京・神奈川・千葉・埼玉)0120-387-555 首都圏の方(東京・神奈川・千葉・埼玉)0120-387-555
  • 関西圏・その他の地域の方 (全国対応) 0120-57-1108 関西圏・その他の地域の方 (全国対応) 0120-57-1108

[受付時間] 9:00-18:00 女性相談員も応対します。

  • 忙しくて時間がとれない方

    携帯でお問い合わせ
    • 携帯でお問い合わせ
      • 秘密厳守
      • 24時間受付

      相談者の89.1%が解決。
      お気軽にご相談ください。

    無料メール相談
  • 直接会って相談したい方

    個別相談
    • 個別相談
      • 毎日開催
      • 24時間受付

      東京・渋谷区恵比寿、大阪・北区梅田で
      無料の相談会実施中。

    個別相談予約

ご融資をご希望される方へwomen

不動産担保ローン、共有名義・持分ローン、底地・借地ローンなど取り扱っております。まずはホームページをご確認下さい。

form_link
ホームページはこちら

任意売却の対応エリア