• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

解決事例

負債の相続で競売に】4分の1の持分所有物件を守る

相談者 日高 久司(仮名)様
年齢 46歳
職業 自営業(造園業)
家族 なし
住所 埼玉県越谷市


【お支払いができなくなった理由】

2年前、お父様が亡くなり、約2,000万円の負債を相続されました。返済できずにいると、自宅と、4分の1の持分を所有している実家が競売にかけられてしまいました。


【お客様の希望】

実家を守りたい

解決までの流れ

日高さんは当初、4分の1の持分に競売をかけても誰が購入するのか・・と疑問に思われていました。しかし、たとえ4分の1でも落札される可能性は十分あります。時間が迫っていたので、すぐに任意売却の手続きに入りました。
まず投資家の方に一旦購入してもらい、競売を取下げ、その後「リースバック」という方法により、ご家族が再度買い取りという形で解決することになりました。

お客さまのご感想

まさか4分の1の持分が競売の対象になるとは思っていませんでした。
実家には妹家族が住んでおり、なんとしても守らなければなりませんでした。解決方法があるのかも分からいまま相談しました。
すぐに協力してくれる投資家を募ってくださり、おかげさまで実家を守ることができました。ありがとうございました。

今回の担当者より一言

相続に関する問題は、誰に相談すべきか分からず行動にも移しにくいかもしれません。
ですが、お金の問題でお持ちの不動産が競売になっている・・・という場合には任意売却で解決できる可能性があります。
日高さんも思い切ってご相談頂いたからこそ、ご実家を守れたのだと思います。ありがとうございました。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top