• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

解決事例

【両親が兄弟の連帯保証人に・・・】競売まで2週間で解決

相談者 津田 直人(仮名)様
年齢 51歳
職業 会社員(建築技術職)
家族 父(82歳)・母(79歳)
住所 大阪市中央区


【お支払いができなくなった理由】

両親が兄弟の連帯保証人になっていた為に自宅が競売にかけられました。何とかならないかと、自分で銀行に出向き交渉をしていましたが、 競売に進んでいく方向に・・・


【お客様の希望】

高齢の両親のために、何とか住み続けたい。

解決までの流れ

ご相談を頂いたのは競売入札まで・・・残り2週間。

金融機関の休日を入れると実質10日間ぐらいしか日がありません。解決に向けて、いち早く行う事は債権者に任意売却を認めてもらうこと。

 

また、住み続けたいというご希望なので、投資家の方にも早急に動いていただくこと!結果、競売入札まで3日前に任意売却に成功しました。

現在も、お母さんと思い出の自宅にお住まいです。

お客さまのご感想

両親も自分達の借金ではないところから問題が発生し、自宅を出て行かざるをえないのか・・・と動揺していました。自分自身も銀行などと交渉してみましたが、やはり特殊なことなので、なかなか話が進みませんでした。どうにでもなれと諦めていましたが、最後の最後に最後の最後に思い切って相談してみました。実際に青野さんにお会いして相談したのも競売まで2週間という状況・・・。ところが、見事に競売を回避することが出来ました。本当に諦めていた状況だったので、ありがとうございました。また、趣味の話で盛り上がるほど親近感が持てました。

今回の担当者より一言

津田さん、本当に良かったですね。正直期間が短すぎたので焦りました。ただ、自分達の借金じゃないのにも関わらず、前向きに債権者と話をしにいく姿勢、ご両親を思う気持ちに非常に心を打たれました。ご希望を叶える事が出来て良かったです。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top