任意売却の専門用語

ここでは、任意売却について調べてると頻出する専門用語について解説します。

オーバーローン

売却金額よりも住宅ローンの残債が多い状態のこと。通常は、差額を用意しなければ売却できない。ただし、債権者の同意を得て任意売却をすることで売却が可能になる。


買戻し(かいもどし)

リースバックで売却して住み続けた後、その自宅を再び購入すること。例えば、成人している家族の名義で購入する方法などがある。


期限の利益喪失通知(きげんのりえきそうしつつうち)

期限の利益とは、「住宅ローンを分割で返済することができる」という債務者にとっての利益のこと。住宅ローンを滞納するとこの利益を失い、一括での返済を請求される。


代位弁済(だいいべんさい)

保証会社が、本来の債務者の代わりにローンの残額をすべて一括で返済すること。代位弁済の後は、保証会社が債権者となって本来の債務者に請求する。


抵当権(ていとうけん)

担保物権の一つ。住宅ローンを組んだ際に必ず設定される。住宅ローンの滞納が続いた場合、金融機関はこの抵当権を元にして不動産の競売を申し立て、優先的に回収することが可能。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

0120-69-1108
0120-57-1108

メール相談

資料請求

Page Top