任意売却で住宅ローンの滞納・競売・差押の問題を解決したい方々のために。

一般社団法人 全日本任意売却支援協会 平成30年度相談件数1,500件以上

東京都の任意売却の解決事例収入減/失業、離婚/連帯保証人
離婚後、元夫名義のマンションに住んでいましたが、突然住宅ローンの滞納通知が届きました。別れた夫が滞納しているようです。私が連帯保証人になっているので心配です。

相談者 栗田理恵子(仮名)様
年齢 40歳
職業 パート
家族 子(10歳)
住所 東京都荒川区

お客様の希望

連帯保証人を外れたい。それができないのなら、できるだけ被害が少なくなるように任意売却をしたい。

解決までの流れ

東京都荒川区のマンションに小学5年生の息子さんと二人でお住まいの栗田さん。

このマンションは離婚された元ご主人の名義です。元々は3人でお住まいでしたが、離婚後にご主人が出て行くことになりました。その際、住宅ローンについては養育費代わりにご主人が引き続き支払っていくと約束しましたが・・・滞納したとのことでした。

栗田さんのご希望は「連帯保証人から外したい」ということです。しかし、現実的には不可能です。そこで次に打てる手としては「そのまま住めるようにリースバック、または、任意売却をしてスムーズに引越しをする」のどちらかになります。

栗田さんの答えは任意売却をして引越しをしたいとのこと。私はすぐに元ご主人に手紙を送ってコンタクトを取りました。元ご主人としては「今住んでいる賃貸マンションの家賃と住宅ローンの二重払いする余裕はありませんでした。彼女がそう言っているのなら任意売却をお願いします。」と、やはり約束を守れなかったことに責任を感じておられ任意売却に同意してくれました。

また、長くお子さんに会っておらず、すごく気にされていたので、元気でいることをお伝えしました。

さて、任意売却はお二人のご協力のおかげで完了。栗田さんとお子さんもお引越しされて無事に終わりました。

お客さまのご感想

突然、銀行から通知が来たときは驚いたとともに元夫に対して怒りを覚えました。でも、よくよく考えると、彼も無理して支払っていたこと、息子への愛情は変わっていなかったことを知って、これい以上はわがままを言えないなという気持ちになりました。

担当の浜崎さんの「大切なのはこれからですね、息子さんのためにも未来に向かっていきましょう!」という言葉にハッとさせられ、前向きになることができました。

今回の担当者より一言

離婚後、養育費代わりに住宅ローンを払うということは、よくあることです。問題なく払えている限りは良いのですが、それが止まってしまうと途端にどうしようもなくなるケースが多くあります。

栗田さんの場合も、パート勤めだったので元ご主人の支払いが途絶えると、もうどうしようもありませんでした。幸い、すぐに元ご主人とは連絡が取れ、任意売却の同意も得られたのがスムーズなゴールに結びつきました。

元ご主人の息子さんへの想いを聞いたときは、息子を持つ私も目頭が熱くなりました。

<<「東京の任意売却」に戻る

収入減/失業の解決事例

無料お急ぎの方はこちら

相談無料お急ぎの方はお電話からご相談ください

  • 首都圏の方(東京・神奈川・千葉・埼玉)0120-69-1108 首都圏の方(東京・神奈川・千葉・埼玉)0120-69-1108
  • 関西圏・その他の地域の方 (全国対応) 0120-57-1108 関西圏・その他の地域の方 (全国対応) 0120-57-1108

[受付時間] 9:00-18:00 女性相談員も応対します。

  • 忙しくて時間がとれない方

    携帯でお問い合わせ
    • 携帯でお問い合わせ
      • 秘密厳守
      • 24時間受付

      相談者の89.1%が解決。
      お気軽にご相談ください。

    無料メール相談
  • 直接会って相談したい方

    個別相談
    • 個別相談
      • 毎日開催
      • 24時間受付

      東京/丸の内、大阪/梅田で
      無料の相談会実施中。

    個別相談予約
  • ご検討中の方

    マンガ・資料
    • マンガ・資料
      • 無料
      • すぐ読める

      わかりやすいマンガや資料を無料でお送りします。

    資料請求

任意売却の対応エリア