任意売却で住宅ローンの滞納・競売・差押の問題を解決したい方々のために。

一般社団法人 全日本任意売却支援協会 平成30年度相談件数1,500件以上

任意売却の成功事例

千葉県船橋市の任意売却の解決事例

相談者 川越由佳(仮名)様
年齢 36歳
職業 パート
家族 なし
住所 千葉県船橋市


【お支払いができなくなった理由】

数年前に婚活サイトで知り合った男性に投資マンションの購入を促され、ワンルームマンションを購入。しばらく住んでいましたが、母の介護のため、実家へ転居しました。多額のローンが残り、賃貸に出しても家賃収入では返済できない状態でした。


【お客様の希望】

任意売却をして残債務を減らしたい

解決までの流れ

千葉県船橋市の川越さんは婚活サイトで知り合った男性からワンルームマンションの購入を勧められました。

実は、これはよくある手口です。不動産会社の営業マンが婚活サイトに登録して、仲良くなってからマンションの購入を迫るという手法です。購入してから連絡が取れなくなるというのがよくケースです。

川越さんは現在、地方にお住まいでしたので、電話やメールでのやりとりを中心に任意売却を進めました。

安心していただきながら任意売却を進めていくため、こまめに連絡をとることを心がけました。また、「残債務を極力減らしたい」というご希望でしたので、より高額での購入希望者を募りました。結果、3件の希望者が集まり、好条件の方に購入していただききました。

早期にお問合せいただいたことで、より条件に合った解決に繋がったのだと思います。

お客さまのご感想

何か動きがあった時はもちろん、ふだんからこまめにお電話をいただいていたので、分からないことなども質問しやすかったです。

マンションの問題については両親にも心配をかけてしまいました。私自身もいつも気にかかって大きなストレスを感じていたので、ようやく安心して過ごせるようになりました。最後まで尽力していただき、ありがとうございました。

今回の担当者より一言

遠方での任意売却ですから、ご心配されて当然だと思います。

そこで、日ごろから連絡をとりながら、お話ししやすい環境をつくることを心がけました。決済の当日はお会いできたのですが、川越さんの表情が明るく、私も嬉しく思いました。ご依頼いただきありがとうございました。

<<「千葉県の任意売却」に戻る