任意売却の成功事例

千葉県習志野市の任意売却の解決事例

相談者 石田悠(仮名)様
年齢 34歳
職業 会社員(人材関連)
家族
住所 千葉県習志野市


【お支払いができなくなった理由】

電話営業を断りきれずに投資マンションを1部屋購入。半年程度たった頃、更に1部屋の購入を勧められました。当時は家賃収入もあり順調だったので、迷わず購入しました。しかし4年経った今、ローンの返済額が家賃収入を上回り、税金の支払いもできそうにありません。


【お客様の希望】

任意売却をして手放して債務を減らしたい。

解決までの流れ

千葉県習志野市の石田さんは、都内のワンルームマンションを2部屋購入して運用していました。両方とも住人の方がいたので家賃収入はあったのですが、赤字状態でした。

そこで、任意売却をして「とにかく手放したい」というご希望で相談にいらっしゃいました。石田さんに関わらずほとんどの方は、住人との話し合いをどうしたらいいのか分かりません。そこで私から住人の方それぞれに、所有者が変更する可能性についてしっかりとご説明しました。すると、お1人からは「自分が購入したい」というお話になり、任意売却でスムーズに購入していただくことが出来ました。

もう片方については、不動産投資専門の会社に購入してもらい、2部屋とも無事に住人の方に迷惑をかけずに任意売却が完了しました。

お客さまのご感想

結婚前に購入した投資マンションについて、妻には内緒にしていました。心配をかけたくなかったからです。

でも、貯金を崩すようになり、無理が出てきました。離婚も覚悟して正直に話したところ、妻がインターネットでこちらのサイトを見つけて「一緒に話を聞きに行こう」と言ってくれたんです。

今回のことは、大きな勉強代でした。もうこりごりです。解決してくださってありがとうございました。

今回の担当者より一言

投資マンションのご相談は首都圏に限らず、全国的に増えています。

投資マンションも任意売却が可能です。お早めにご相談いただければ住人の方にも迷惑が掛からずに解決できることも多いのです。「うまくいってない」と少しでも不安を感じている方はすぐお問合せください。一緒に解決しましょう。

Page Top