任意売却で住宅ローンの滞納・競売・差押の問題を解決したい方々のために。

一般社団法人 全日本任意売却支援協会 平成30年度相談件数1,500件以上

東京都の任意売却の解決事例収入減/失業、病気/入院
身体を壊したため、収入が一時期途絶えた。その後の復帰が思うようにいかず、住宅ローンを滞納してしまった。

相談者 高野武雄(仮名)様
年齢 53歳
職業 自営業(建築関係)
家族 妻(45歳)・娘(17歳)
住所 東京都狛江市

お客様の希望

任意売却で引越し代をもらい近くに引越しをしたい。

解決までの流れ

高野さんは、いわゆる一人親方としてお仕事をしてきました。若い頃はよく働き、収入も同年代の人達よりも多かったくらいでした。

そのため、狛江市の小田急狛江駅近くにマイホームを建てた後も、不自由なく暮してこられました。

風向きが変わったのは、50歳を過ぎたあたりからです。腰を痛め、しばらく休むようになり、その後も度々休むことが多くなっていったとのことです。

自営業なので、休めば当然収入が止まります。だんだんと家計が苦しくなり、とうとう住宅ローンを滞納。このままではもうどうにもならないと思い、当協会にご相談に来られました。

高野さんのご希望は「任意売却をして引越しをしたい。」

私は、高野さんのご自宅なら十分にリースバックもできるとご提案しましたが、高野さんは「家賃を抑えるためにも引越しする方が良いです。」ということでしたので、任意売却に向けて活動を開始しました。

狛江の立派なご自宅です。ご相談の日から2ヶ月後には購入者が決まり、任意売却が成立。ご希望通りに引越し代をお渡しできることになりました

お客さまのご感想

リースバックを提案してくれた時は、どうしようか迷いました。ただ、担当の浜崎さんが、売却した場合と、リースバックをした場合のそれぞれのメリット・デメリットをわかりやすく教えてくれたので、すんなりと決断できました。

また、浜崎さんは任意売却のこと以外にも、これからの生活のことを本気で考えてくれて、妻も思わず泣いてしまうほど話を聞いてくれました。

浜崎さん、任意売却のことだけではなく、いろいろと話を聞いてくれてありがとうございました。本当に助かりました。

今回の担当者より一言

高野さん、奥様、無事に任意売却が終わって良かったですね。娘さんが受験前ということで、できる限りスムーズに終われるようにしましたが上手くいって良かったです。

後から電話で、希望の女子大に受かったと聞いた時は、私も一緒に喜べました。合格おめでとうございました。

お身体のことは気をつけて、どうか元気に暮らしてくださいね。

<<「東京の任意売却」に戻る

収入減/失業の解決事例

無料お急ぎの方はこちら

相談無料お急ぎの方はお電話からご相談ください

  • 首都圏の方(東京・神奈川・千葉・埼玉)0120-387-555 首都圏の方(東京・神奈川・千葉・埼玉)0120-387-555
  • 関西圏・その他の地域の方 (全国対応) 0120-57-1108 関西圏・その他の地域の方 (全国対応) 0120-57-1108

[受付時間] 9:00-18:00 女性相談員も応対します。

  • 忙しくて時間がとれない方

    携帯でお問い合わせ
    • 携帯でお問い合わせ
      • 秘密厳守
      • 24時間受付

      相談者の89.1%が解決。
      お気軽にご相談ください。

    無料メール相談
  • 直接会って相談したい方

    個別相談
    • 個別相談
      • 毎日開催
      • 24時間受付

      東京/恵比寿、大阪/梅田で
      無料の相談会実施中。

    個別相談予約

ご融資をご希望される方へwomen

不動産担保ローン、共有名義・持分ローン、底地・借地ローンなど取り扱っております。まずはホームページをご確認下さい。

form_link
ホームページはこちら

任意売却の対応エリア