• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

抵当権のついた不動産を売却することはできますか?

可能です。
その方法というのが任意売却(任意売買)です。

 

◎そもそも、抵当権とは?

住宅ローン等を組む際、自身の不動産等を担保として提供します。
金融機関は、万が一貸したお金が返済されない場合、その不動産を差し押さえる
権利があります。これを抵当権と言います。


◎任意売却(任意売買)は抵当権がついたまま売却できる方法!?

抵当権を抹消することができるのは、「借りたお金を全額返済できた時」です。
ですから、通常の売却時には、売却したお金で住宅ローンの残りを返済して抵当権を
抹消します。もし、売却価格がローンの残額を下回った場合には、不足分を現金で補う
ことで抵当権を抹消することはできます。

 

では、
・売却してもローンを返済できない
・不足分を補うことができない
といった場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

抵当権がついたまま不動産を売買することは法的には問題ありません。
しかし、他人の債務が残っていて、いつ差し押さえされるか分からない不動産を
購入したいという人は極めて少なく、実際にはこのような取引はほとんどなされません。

 

上記のような場合にとられる売却方法として「任意売却」があります。
任意売却は「売却してもローンが残った状態で、抵当権を抹消できる」方法です。

 

なぜ、そんなことが可能なのでしょうか?
金融機関としても、競売よりも多く、貸したお金を回収できる任意売却を認めて
いるのです。


◎複数の抵当権がついている場合も任意売却は可能!

一般的には、住宅ローンを借り入れた金融機関により抵当権が設定されていますが、
場合によっては、複数の抵当権が設定されている場合があります。

このような場合も任意売却(任意売買)は可能です。
ただし、すべての抵当権者に抵当権を解除してもらう必要があります。
専門相談員がそれぞれと調整し、抵当権の解除を求めていきます。

 

 

~根抵当権とは~

抵当権と似た言葉に「根抵当権」があります。

抵当権は、貸し付けた融資が特定されます。
(例:○月○日 2,000万円)
1度のみの取引、例えば住宅ローンなどで利用されます。

それに対し、根抵当権は継続的な取引で生じる複数の貸付けに対して、
限度額を設定して担保するものです。
(例:2,000万円までなら何度でも担保)
事業等で頻繁に融資の取引が行われる場合などに利用されます。

 

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top