任意売却で住宅ローンの滞納・競売・差押の問題を解決したい方々のために。

一般社団法人 全日本任意売却支援協会 平成30年度相談件数1,500件以上

解決済みQ&A 住宅ローンQ&A お悩み広場

警備員の仕事のために自己破産ではなく任意売却をしたいが、できますか?

 

私は金融機関専門の警備会社で働いている50代の男性です。

 

今、任意売却をすると残債務が沢山残るので、弁護士さんに相談すると自己破産を勧められますが、自己破産をすると今の業務に従事できないので会社を退職しなければなりません。住宅ローンは支払いがもう出来ないので、任意売却をしたいのですが、やはり自己破産も一緒にしないといけないのでしょうか?

神奈川県厚木市/Kさん

回答日:2016年11月30日

任意売却と自己破産に関するご質問は非常に多いです。

 

任意売却をされる方のほとんどは沢山の債務が残るので、それをどのようにしたら良いのか皆さん悩まれることが多いようです。

 

債務がどれだけ多くの残ったとしても、お支払いできる範囲で頑張ってお支払いを続けていただくことが基本になります。さすがに、新しい生活では賃料が発生するので、住宅ローンと同じ金額は難しいでしょうが、生活費等も支払って残る金額の範疇で支払いを続けていらっしゃる方がほとんどです。

 

しかし、何らかの事情があり、自己破産を選択される方も当然いらっしゃいます。
どちらを選択するかは自由なので、どちらが良いとも言えないのですが、自己破産も全てが良い事だけではありません。

 

今回のご質問では、金融機関専門の警備会社で働いているという事ですので、もし自己破産をしてしまうと、そのデメリットとして業務に従事できなくなります。

 

50代で職を失うと、現状再就職は非常に困難であることは明白なので、安易に自己破産を選択すると、免責されて債務は無くなっても、職を失ってその後の生活が大変苦しいものになってしまう可能性は十分にあります。

 

住宅ローンの支払いが出来ない以上、任意売却を選択することはやむをえないとしても、自己破産は今後の生活をよく考えてから決められても良いのではと思います。必ず先に自己破産をしなければならないわけでも、任意売却後にかならず自己破産をしなければならないわけでもありません。

 

もしどうしても自己破産をしたい場合でも、一旦任意売却を終わらせて、自分の債務や生活状況を見直して、改めて自己破産をすべきかどうかを考えてから決断しても決して遅くはありません。

ページ上部へ

無料お急ぎの方はこちら

相談無料お急ぎの方はお電話からご相談ください

  • 首都圏の方(東京・神奈川・千葉・埼玉)0120-387-555 首都圏の方(東京・神奈川・千葉・埼玉)0120-387-555
  • 関西圏・その他の地域の方 (全国対応) 0120-57-1108 関西圏・その他の地域の方 (全国対応) 0120-57-1108

[受付時間] 9:00-18:00 女性相談員も応対します。

  • 忙しくて時間がとれない方

    携帯でお問い合わせ
    • 携帯でお問い合わせ
      • 秘密厳守
      • 24時間受付

      相談者の89.1%が解決。
      お気軽にご相談ください。

    無料メール相談
  • 直接会って相談したい方

    個別相談
    • 個別相談
      • 毎日開催
      • 24時間受付

      東京/恵比寿、大阪/梅田で
      無料の相談会実施中。

    個別相談予約

ご融資をご希望される方へwomen

不動産担保ローン、共有名義・持分ローン、底地・借地ローンなど取り扱っております。まずはホームページをご確認下さい。

form_link
ホームページはこちら

任意売却の対応エリア