• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

解決済みQ&A 住宅ローンQ&A お悩み広場

税金の滞納により自宅が差し押さえられています。
この状態で家を売却することは出来ませんか?

 

親から譲り受けた写真店を妻と一緒に真面目に営んでいました。しかし子供が思春期に入ると荒れ出して、結局は高校を中退して悪い仲間と一緒に遊び回るようになりました。そんな子供の事がきっかけとなり、妻がうつ病になり仕事をすることができなくなりました。それまでは妻が頑張っていてくれたから店もどうにかなっていたのですが、現在私ひとりでは限界を感じています。色々なことをこなせずにいるので店の収入もかなり減ってしまいました。

 

おまけに妻が何か新興宗教みたいなものを信じるようになり、そこにお金をつぎこみ貯蓄はほぼなくなってしまいました。そして次は今度は息子が消費者金融で借りたお金が返せないと泣きついてきました。そんなこんなで税金の支払いを後回しにしていたら、とうとう滞納を理由に自宅が差し押さえられてしまいました。

 

私は最後の財産である自宅を売却して、商売を立てなおすための運転資金にしようと考えていたのですが、このように差し押さえとなった今では自宅の売却は不可能なのでしょうか?

東京都杉並区/O・Yさん

回答日:2015年5月20日

先代より受け継いだ写真店では、おそらく地域の方々の素敵な思い出を長い間たくさん撮ってこられたことと思います。その皆さんに愛されている大切なお店を何とか立て直すために、自宅を売却する決断をされるまでは様々な葛藤もあったのではないでしょうか・・・。

 

しかし、税金の滞納で自宅が差し押さえられた場合、最悪のケースとして役所は公売を行う場合があります。公売は競売と同じ入札制をとっており、競売よりも始まってから終わるまでの期間が短い為、始まってしまうと競売よりも回避するのが難しい場合があります。

 

ただ、差し押さえをされたからすぐに公売になるわけではないので、今から任意売却活動を行えば、まだ売却できる可能性は十分にあります。まずは、役所から届いたお手紙をお手元に準備して、相談電話にお電話下さい。

 

今回の件で再起を目指すことが、ご家族が一丸となるきっかけになるかもしれません。実際、任意売却をきっかけに、家族の絆を深められたり修復されている方をたくさん目にしています。ご自宅の件は我々専門家に任せて、今はご家族と話し合う時間、一緒に過ごす時間を大切にして行って下さい。

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top