解決済みQ&A 住宅ローンQ&A お悩み広場

「期限の利益の喪失」とはどういうことですか?

住宅ローンを数回滞納しています。銀行から何度も督促されています。とはいえ無い袖は振れず、返済できずにいます。

昨日届いた手紙には「期限の利益を喪失させ、一括を保証会社が・・・」といった内容が書かれていました。
正直、何を言われているのか分かりません。これはどういう意味なのでしょうか?

京都市左京区/Hさん

回答日:2018年3月8日

ご質問ありがとうございます。

銀行からの通知には、専門用語が並んでいるので
分かりにくく感じられるかもしれません。

しかし、非常に大切な内容になります。簡単に言うと、
「分割して返済する権利を失う」ということです。

 

まず、「期限の利益」とは、期限が決められていることにより
ローンの借り手が得ている利益のことです。例えば、住宅ローンを
35年で組んだ場合、毎月分割して支払うことができ、35年後まで
完済する必要がないという、借りた人にとっての利益です。
しかし「期限の利益」を喪失する場合があります。

 

それは、住宅ローンを組む際に契約した「金銭消費貸借契約」に
記載されています。一例を挙げてみます。

 

・破産、もしくは民事再生の申立があったとき。
・返済を遅延し、書面により督促しても、次の約定返済日までに
 元利金および遅延損害金を返済しなかったとき。
・所在が不明になったとき。

 

住宅ローンの滞納は期限の利益を喪失する事由になります。

期限の利益を喪失すると、分割で返済する権利を失うことになります。
銀行は保証会社に住宅ローンを肩代わりしてもらい、保証会社から
住宅ローンの名義人宛てに一括で請求がなされます。

期限の利益を喪失し、債権が銀行から保証会社に移ると、
一括返済しか手立てがなくなってしまいます。

 

このまま対処せずに進むと競売の手続きが進みます。
早々にご相談ください。

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
無料メール相談

任意売却の無料メール相談

無料個別相談会予約フォーム

任意売却の無料個別相談会の予約フォーム

資料請求はこちらから

任意売却の詳しい資料請求

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

無料個別相談会予約フォーム

資料請求

ページ上部へ
Page Top